【北陸遠征せどり旅】金沢の観光地の近江町市場と富山のブックオフ!

まもる
こんにちわ。まもるです。

以前、北陸に観光に行ってきました。

今回は、その後編。

金沢と富山。

もちろん仕入れもやってきましたよ~。

北陸遠征せどり旅

前回の旅

北陸遠征の前編は、こちら☟

【北陸遠征せどり旅】金沢の観光地の兼六園と金沢城公園へ!

金沢の観光地 近江町市場

まちのり

金沢城公園をあとにして向かったのは、近江町市場。

兼六園・金沢城公園・近江町市場は、すぐ近くなので、散歩しながら行ける距離です。

街並みを楽しみながらお腹ペコペコにして行きましょう。

ところでこのあたりには、まちのりというスペースが存在します。

まちのり、というのは、自転車をレンタルできるんですが、驚くべき仕組みは、まちのりのAという場所で自転車を借りたら、今度は、まちのりのBという場所で返してもいいし、Cという場所で返してもいいんです。

面白いですよね。

近江町市場

さて近江町市場へやってきました。

賑わってますね~。

右も左も、海鮮のお店が並ぶアーケード街。

何がいいカニ~?

カニ?

いや、カニは高いカニ。

まるで初めて都会へやってきた、おのぼりさんのようにあたりをきょろきょろと見渡しながら、品定め。

一度ここにしようか!と決めたけど、ここはキープかな、と思ってまたぐるぐると他のお店を周って、やっぱりあのお店がいいんじゃないかと、戻りました。

頼んだのは、「海鮮丼」。

とっても美味しかったです(*^▽^*)

こういう観光地に来ると、なんでも基本は高いです。

しかし高い物が美味しいのは当たり前。

いかに安く美味しい物を見つけるかが、大事!

なんだか、せどりみたいですねw

その後は、金沢付近のブックオフを周り、また同じ宿に泊まりました。

富山のブックオフ

北陸遠征3日目、最終日。

朝から富山県に一直線。

まずは、お安いお店に到着。

100円の本が、半額の50円か~、いいね、なんて思ってたら、50円の本も発見!

ん!?50円の本も半額になるのか?

思わず店員さんに聞きに行く僕。

「あの、あそこの100円以下半額の本は、50円やったら25円なんですか?」

「そうですよ」

マジか!すげえな。

ここの本全部かよ!

このお店は、プロパー棚(110円以上の棚)は高くて仕入れ対象外でしたが、この半額コーナーは、そこそこ仕入れました。

こういう激安の棚は、安いからいっぱい仕入れられそうなんですけども、セットにしても安い価格の前半巻が多いです。

仕入れても価値がない本が多いんですが、その中からたまにお宝を発見します。

マイナーなコミックがねらい目かもしれません。

そしてブックオフへ。

セット本せどらーなら、いわずもがな、天上の虹。

せどりをやり始めてから、少女コミック好きになったなあ~。

読みはしないけども。

遅めの昼食は、8のつくラーメン屋さん。

関西では見かけないけど、この地域では結構見かけました。

惡の秘密基地のようなブックオフ!

以前、紹介されてて一度来てみたかったんですよね。

こちらのコーナーでいいセット本を発見。

出品してすぐ売れてくれました。

その後は、別の古本屋さんへ移動。

ここは、スクール生さんに教えてもらったお店。

セット本が安い!

膨大な量のセットがありました。

いい物をいくつか仕入れました。

そしてあたりはもう真っ暗。

そのまま和歌山まで一直線に帰りました。

北陸遠征、お宝もそれなりに仕入れられて、観光もできて満足でした。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です