Amazonで転売する方法!まずは、不用品処分から

「はぁ、今月もお金がピンチ、給料日まで遠いなぁ。何かいい副業ないかなぁ」

こんな事、誰でも1度や2度は考えた事があるはず。

あなたも、そうですか?

そんなあなたに、、、

副業の中でもおすすめの、「転売」の方法を教えちゃいます!

転売とは

あなたは、「転売」と聞いて、どんなイメージを連想しますか?

「なんか、怪しい」「うさんくさい」といったイメージでしょうか。

それとも、「面倒くさい」でしょうか。

そもそも「転売」とは、何でしょうか??

転売とは、「自分が買い取った物を、他人に販売すること」です。

要するに、コンビニやスーパーでも行っている売買と同じような仕組みです。

現代は、インターネットが普及し、売買を個人で自由にできるようになりました。

体験談

僕自身、数年前から転売を始め、現在も転売をやっています。

最初は、自宅にある不用品を売りました。

読み終わった本、遊び終わったゲームなど。

自宅近くの大手古本チェーン店に売りに行っても、買取金額が本1冊10円とか。

「え~、これ1500円で買ったのに、たった10円!?」

そう思って、自分で売ることはできないか?と、インターネットで調べたのが始まりでした。

転売は、安く買って高く(適正価格)で売れれば、差額で利益が出るので、

とにかく安く買える場所を探しました。

セール品、在庫処分品など、お店が早く処分したい商品を買っては、ネットで販売しました。

閉店セールに行くのも、おすすめです(*´▽`*)

そして、安く買った商品は、Amazonで販売するのがおすすめです!

Amazon

「Amazonって、売れるの??」

たいていの人は、こう言います。

「ヤフオク」や、最近だと「メルカリ」がネットで売るというイメージがあると思います。

でも、僕はこれから始めるなら、Amazonをおすすめします!

Amazonのメリットとデメリット

メリット
①出品が簡単(3分でできる。慣れれば1分でできる)
②写真撮影が不要(ヤフオクやメルカリだと商品の撮影が必要)
③個人でのやりとりが不要(発送や振り込み等のやりとりが必要ありません。)
デメリット
手数料が高い
Amazonは15%。メルカリなら、10%です。

何といっても、Amazonは簡単に出品ができ、メールでのやりとりがないので、初心者向きです。

手数料は15%と少し高いですが、売れるまではかかりませんので、とりあえず出品だけしてみてもいいかもしれません。

Amazonで出品するには

Amazonで出品するには、まず名前や住所、電話番号、クレジットカードの登録などが必要になります。

そして、Amazonの屋号(ショップの名前)や、配送方法など。

①アカウントの登録
②初期設定
③商品登録
④注文処理・発送

まずは、ここでAmazonのアカウント登録をします☟

Amazonのアカウント登録

できたら、初期設定をすませて、いよいよ商品の登録です。

初期設定の方法から発送まで、Amazonのスタートガイドです☟

「出品大学」

できましたか?

最初は、ちょっと面倒ですが慣れてしまえば出品もすごく簡単です(^^)/

不用品処分から

Amazonのアカウントが登録できたら、早速出品してしまいましょう!

最初は、自宅にある不用品を出品するのがおすすめです。

自宅にある不用品なら売れなくても損しないし、自宅もスッキリして一石二鳥です。

僕も、最初は、読み終わった本を売りました。

意外と自宅に売れる物って多いですよ。

自分では要らない物でも、欲しい人っていっぱいいますよ。

応援よろしくお願いします(*^▽^*)☟


人気ブログランキング


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です