Amazonの入金額と利益を数字で確認してみた【本せどり2022年版】

まもる
こんにちは。まもるです。

ドカンと1万円を超えるような高額本が売れると嬉しいですが、コツコツと小さな利益本を仕入れていくのが本せどりです。

今日は、そんなコツコツ仕入れをする場合、Amazonの入金額から、1冊当たりの利益を、単Cやプロパー別に深堀りしてみます。

Amazonの入金額【本せどり2022年版】

Amazonの入金額

Amazonで販売すると、Amazon手数料15%に、カテゴリー成約料88円がかかります。

送料(クリックポスト、ネコポス)を一律200円として、入金額を出してみましょう。

この数字を見ると、販売価格が小さくなるほど、Amazonの手数料と、送料の割合が高くなるという事が分かります。

1000円の本を販売した場合は、なんと手数料と送料で、44%も取られています。

1000円の本を10冊販売した場合と、1万円の本を1冊販売した場合、販売価格は同じ1万円ですが、入金額は異なります。

1000円の本を10冊販売した場合は、入金額562円×10冊で、5620円です。

1万円の本を販売した場合は、8212円ですから、2592円も減少しています。

何故、このような数字になるのでしょうか。

それは、カテゴリー成約料の88円と、送料の200円、合計288円は、固定費だからです。

つまり、1000円の本を販売しても、1万円の本を販売しても、288円が必ずかかります。

1万円の本を販売すれば、固定費はたった2.88%ですが、1000円の場合は、28.8%になります。

そうか、なるほど、じゃあ販売単価を上げればいいのか、と思いますが、仕入れ価格が入ってないので、入力してみましょう。

Amazonの入金額と利益を数字で確認してみた

単Cとプロパーの販売価格と利益額

220円の単行本(単C)仕入れの場合。

プロパーの場合は、価格がバラバラなので、仕入れ価格を500円と、1000円の場合で出してみます。

仕入れ価格が500円の場合。

1000円仕入れの場合。

単Cの場合、1000円ぐらいで販売できる本は、たくさんあります。

そうすると、1冊あたりの利益は、500円ぐらいですね。

500円仕入れの場合、2000円ぐらいで販売できる本が多いです。

1冊あたりの利益は、900円ぐらいですね。

1000円仕入れの場合、3000円ぐらいの販売価格が多いでしょうか。

利益は1冊あたり1200円ぐらい。

1冊あたりの利益額

本せどりの1冊あたりの利益額は、500円~1000円ぐらいの本が仕入れやすいと思います。

単Cは1冊500円ぐらいで、プロパーなら1冊1000円ぐらい。

単Cせどりをするなら、プロパーの倍の量を仕入れて、同じぐらいの利益額になります。

利益1万円分の仕入れ量

1万円分の利益を得るには、単Cとプロパー、それぞれどれぐらいの仕入れ量が必要なのか計算してみました。

単Cなら20冊、プロパーなら10冊、どちらの方法でも、これで1万円の利益は出せます。

月収10万円なら、単C200冊か、プロパー100冊という事になります。

コツコツドカン

「本せどりをするなら、コツコツドカン」

小さい利益をコツコツ仕入れつつ、ドカンと大きな利益を取る。

よく聞く言葉です。

今回は、コツコツの方、仕入れやすい価格帯で計算してみましたが、ドカンの方は、単Cでもプロパーでもあります。

プロパーの方が1万円を超えるようなドカンは多いので、高額本狙いなら、プロパーの方がいいと思います。

まとめ

自分の近所の店舗で、高額本があまりない店舗があります。

単Cを調べても、プロパーを調べても、5000円を超えるような本は少ない。

こういうお店に行くよりも、もっと高額本が仕入れられるお店に行くべきだな、と敬遠していました。

ところが、小さい利益のコツコツも量を仕入れれば、大金になると思い、改めて行ってみると、、、

500円程の利益本が大量に仕入れられました。

高額本には出会えませんでしたが、トータルでは高額になりました。

「この店舗は、仕入れにくいなぁ」

そう思ったら、小さい利益本をコツコツ仕入れてみることをお勧めします。

出品や、出荷の作業量は増えますが、高額本を探し求めて、各地へ移動するなら、近所でコツコツやるのもいいですよ。

ではでは(^^)/

本せどりに関するご質問などは、こちらまで。

友だち追加

ID 「 @viy9662k 」 で検索頂いても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です