エクセルで足し算(集計)と、パソコンの画面をスクショする方法!

まもる
こんにちは。まもるです。

自分がパソコンを使用してる中で、便利だな~という小技をいくつか紹介します。

パソコンの使い方って今更聞きにくい事ありますよね。

エクセルの使い方なら、ぐぐるか、本を読むと詳しく解説されてるので、僕の様にパソコン音痴の方は、少しでも知っておくと時間短縮になります。

エクセルで足し算(集計)をする方法

オートSUM関数を使った計算方法

例えば、このようなエクセルの表で、仕入金額の表を作ったとします。

単行本を3か月で、どれぐらいの金額を仕入れたのか?

また1月、2月、3月の仕入金額の合計をそれぞれ出したいとします。

これぐらいの表でしたら、電卓で足していってもいいのですが、もっと計算が多くなってくると、面倒です。

そこで、自動で計算できる方法を使います。

=SUM(セルの場所:セルの場所)

この公式を使用すると、あっという間に計算してくれます。

例えば、単行本の1月~3月までの仕入金額を計算したいときは、このように入力する場所にセルを移動します。

そして、1月の単行本のセルは、C14、3月の単行本のセルは、E14なので、C14とE14を入力します。

これで、C14(単行本の1月)~E14(単行本の3月)までの数字を足してくれます。

めっちゃ簡単ですよね。

では、今度は1月の仕入金額の合計を出してみます。

やり方は、さっきと同じですね。

今度は、縦のC14~C17のセルを足すので、C14とC17を入力します。

ボタン1つで足し算をしてくれる方法

先ほどのオートSUM関数も便利なのですが、エクセルには、なんとボタン1つで足し算をしてくれる方法があります。

それが、Σ(シグマ)です。

例えば、1月~3月を足したい時は、このように、囲ってからΣのボタンを押します。

すると、あっという間に、合計が出ます。

これは便利です。

そして、縦、横を足すときは、こんな風に全体を囲って、Σを押すと、このように合計が一発で表示されます。

Σのボタンは、合計の他にも、平均値など出す事もできます。

パソコンの画面をスクリーンショットする方法

パソコンの画面の全てをスクリーンショット

全てのパソコンの画面をスクリーンショットする時は、Alt + PrtSc(プリントスクリーン)のボタンを押して、エクエルに貼り付け、画像として保存できます。

パソコンの画面の一部をスクリーンショットする方法

 

パソコン全体をスクリーンショットするよりも、一部の画面をスクショする方が使う場面が多いと思います。

そんな時は、ウインドウキー+シフトキー+Sキーで、画面が少し暗くなり、スクショしたい部分を囲うことで、コピーし、エクセルに貼りつけ、画像として、保存できます。

これは、便利です。

ではでは(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です