本せどり 自己配送向きの本・FBA向きの本とは?

前に本せどりは自己配送がいいのか?

それともFBAがいいのか?

という記事を書きました。

本せどりの配送は、どっちがいい? 自己配送 VS FBA

今回は、さらに掘り下げて自己配送向きの本・FBA向きの本をご紹介します。

回転と利益の話

4種類の本

①高回転高利益 ②高回転低利益 ③低回転高利益 ④低回転低利益

①高回転高利益

これは、誰でも仕入れる本ですね。

仕入れてすぐ売れて、利益が大きい。

これは自己配送でも、FBAでも、どちらでもOKです。

②高回転低利益

資金が少ない・早く資金を回収したい人向き。

僕はすぐ売れても、あまりの薄利だと仕入れないです。

400円以上は利益が出ないと仕入れません。

せどりは、出品・出荷と、作業が多い副業なので、あまり利益が少なすぎると手間ばかりかかってしまいます。

仕入れる場合は、自己配送のほうがおススメです。

FBAだと、薄利。値下げすると、手間だけかかって、赤字になってしまったりします。

③低回転高利益

ある程度資金に余裕がある・薄利多売をしたくない方向き。

僕は割と仕入れます。

ただ、低回転の本は、あまり仕入れ過ぎると、不良在庫がたまるので、注意です。

仕入れる場合は、自己配送向きです。

FBAだと保管料という手数料がかかります。

④低回転低利益

これは、仕入れてはいけません。

なかなか売れないのに、売れても利益が少ない。

自己配送向きの本

①販売価格が400円などの低単価商品

FBAは、手数料が高いので、低単価商品は自己配送向き。

②低回転商品

FBAは、保管料・長期保管手数料がかかるので、すぐに売れない本は、自己配送向き。

FBA向きの本

高回転商品で高単価商品

自己配送以外の本は、FBA向き。

販売単価が、2000円とか3000円ぐらいの本ですね。

辞書など、ぶ厚い本

本の厚さが、ぶ厚くなると送料がかさむので、FBA向きです。



仕入れスタイルを考えてみよう

まず4種類の本のうち、低回転低利益の本は仕入れません。

そして、高回転低利益の本をメインに仕入れるか、

低回転高利益の本をメインに仕入れるか、

もしくはどちらも仕入れるか、両方をバランスよく仕入れるか

自分の資金面・在庫スペースから考えてから仕入れるべきです。

そして、高回転高利益の本は、狙って仕入れをしても、なかなか見つかりません。

見つかったらラッキーぐらいに考えておいたほうがいいです。

最近売れた本

140円→1832円

男性写真集は、結構売れますよ(*^▽^*)


にほんブログ村


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です