本せどりに必要な備品・初期費用を3つのステップで、解説!

「失敗したらどうしよう?」

本せどりを始めようと思ったあなた。

必ず1度はこう思うでしょう。

しかし、心配になる気持ちも分かります。

「仕入れた物が売れなかったらどうしよう」

「何から用意すればいいの?」

今日は、本せどりに必要な備品と初期費用を3ステップで解説します。

なぜ、3ステップなのか?

僕自身「貧乏性」ですw

できるだけ損したくありません。

なので、なかなか自己投資できずにいました。

でも、せどりは、ビジネスなので自己投資をしたほうが収入があがるのが早いです。

しかし、いきなり何万円も払うのはこわい、という気持ちも分かります。

そこで、無理のない3ステップにしてみました。

ガンガンいける人は、一気に3ステップまでいってしまって問題ありません。

でも、いきなりあれもこれも、と考えると、

面倒くさくなってしまって辞めてしまうかもしれません。

最初は、資金もやることも極力減らしてみました。

第1ステップ

初期費用5000円未満
(※ネット回線・パソコン・スマホ・プリンターを除きます。)まずは、無料の検索アプリをインストールして、ブックオフに行ってみましょう。そして、最低限の備品を購入します。梱包材は、100均でそろいます。

ネット回線・パソコン・プリンター・スマホ

本せどりに最低限必要な設備です。

安くても問題ないですが、パソコンはあまり低価格だと、動きが遅いです。

検索アプリ

スマホにインストールして、ブックオフで検索してみましょう。

アマコードと、せどりすと か せどろいどの両方をインストールしておくと便利です。

(※たまに不具合になったりするので)

アマコード

せどりすと(iPhone用)

せどろいど(Android用)

封筒・ハサミ・セロハンテープなど

最初は100均で買えますが、割高なので、ある程度売れてきたら、ネットでまとめて購入するほうが格安です。

プチプチ

これも、後々はネットで購入すれば安いですよ。

シールはがし

スプレータイプは、臭いし飛び散るので塗るタイプのほうがおすすめです。

クレジットカード

仕入れや備品の購入は、クレジットカードで決済すると、ポイントが貯まるのでおすすめです。

僕は、ネット回線・スマホ・ETC・仕入れ・備品・ガソリン代など、ほぼほぼクレジットカードです。

結構ポイント貯まっていいですよ(*^▽^*)

それと、もう1つメリットがあって、

「領収書をなくしたことないですか?」

クレジットカードで決済すると、明細が出せるので便利ですよね。

クレジットカードを作るときには、年会費・入会費無料を確認して、

こういうポイントをたくさんもらえるときに作って下さいね(*^▽^*)☟



第2ステップ

費用3万円未満
仕入れた本が売れ始めたら、どんどん効率化しよう。

本棚

本棚がないと、売れた本を探すのに時間がかかります。

僕は最初カラーボックスを使ってましたが、スペースを取るので、本専用の本棚がいいです。

バーコードリーダー(検索用)

ブックオフで検索するのに、なくてもできますが、ないとめちゃくちゃ効率悪いです。

なるべく早く購入した方がいいです。

新品だと、3万円もしますが、中古で十分です。

僕は、Amazonで6000円で買いました。

バーコードリーダー(出品用)

こちらのバーコードは、コンビニとかスーパーでよく見かけるのに似てますね。

出品するときに、手打ちでJANコードを入力すると遅いので、これもあると便利です。

こちらは、2000円とか3000円ぐらいの値段なので、買っておいたほうがいいですね。

出品・価格改定ツール

プライスターは、月4800円かかりますが、メリットが大きいです。

出品が早いのもそうですが、価格改定が自動なのでおススメです。

在庫が100冊ぐらいを超えてきたら、導入をおすすめします。

価格改定と聞くと、値下がりのイメージですが、高値売りにも便利なんです(*^▽^*)

第3ステップ

費用 1万円~ 
自己投資して月収をあげよう

せどりの教材・勉強会・コンサルなど。

僕自身、せどりの教材、勉強会に投資して、よかったです。

せどりの教材とかは、ゲームで言えば攻略本みたいなものです。

なくてもゲームはできますが、右に行っていいか左に行っていいのか、あちこちウロウロして時間を使います。

攻略本があれば、寄り道せずに稼げるようになりますよ(*^▽^*)

最近売れた本

200円→1265円

スピリチュアル系の本は、売れます。


にほんブログ村


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です