本せどりに必要な備品や消耗品をそろえよう!

まもる
こんにちは。まもるです。

今日は、本せどりをするのに必要な備品や消耗品を解説します。

本せどりに必要な備品や消耗品

ネット回線・パソコン・プリンター・スマホ

本せどりに最低限必要な設備です。

安くても問題ないですが、パソコンはあまり低価格だと、動きが遅いです。

せどり用のパソコンを選ぶ3つのポイントを解説!

インターネット回線は、光回線の1ギガ以上が速くておススメです。

パソコンの性能が良くてもインターネット回線が遅いと、ネットのつながりが遅くなるので、昼間はつながりやすいのに、夜になるとネットがつながりにくい場合などは、ネット回線を見直してみてもいいですね。

■□■スマホもオトクに!1ギガ光が工事費無料【eo光】■□■

封筒・ハサミ・セロハンテープなど

最初は100均で買えますが、割高なので、ある程度売れてきたら、ネットでまとめて購入するほうが格安です。

ダンボール

FBAに納品する時や、自己配送でも大きいセット本を発送する時に使用しています。

スーパーなどでもらってくる事もできますが、ちょうど100サイズ、120サイズを探すのに時間がかかるので、ネットで安く買っています。

よく使うサイズは、100サイズか、120サイズです。

OPPフィルム

本を包むビニールです。

本をビニールで包まないと、水濡れする可能性があるので、出荷する本は、OPPフィルムに包みます。

このフィルムは、ハサミで切って使えるので大きい本にも使用できます。

小さい本には、A4サイズ用のOPPフィルムもあります。

セット本を梱包するときには、セット本専用の『全巻名人』というものが、Amazonで販売されてますので、それを使ってみると便利ですよ。

セット本の梱包は、全巻名人?oppフィルム?検証してみた

シールはがし

スプレータイプは、臭いし飛び散るので塗るタイプのほうがおすすめです。

ヘラ

シールはがしの液を本に塗ってから、1~2分経てば剝がしやすくなるので、このヘラではがします。

アルコール除菌

シールはがしをした後に、アルコール除菌を、タオルに染み込ませ、サッと拭いてクリーニングします。

本についた薄い汚れは、これで落とします。

※本の表紙カバーが紙っぽいものは、あまりゴシゴシこすると破れる事があるので、注意です。

本棚

本棚がないと、売れた本を探すのに時間がかかります。

僕は最初カラーボックスを使ってましたが、スペースを取るので、本専用の本棚がいいです。

在庫の管理は、出品した日付順で管理しています。

売れた時に探しやすいです。

バーコードリーダー(検索用)

通称、ビームと呼ばれるバーコードリーダーです。

ブックオフで検索するのに、なくてもできますが、ないとめちゃくちゃ効率悪いです。

なるべく早く購入した方がいいです。

KDC20かKDC200が、読み込みやすくおすすめです。

僕は、KDC20を使っています。

こちらは、MS910。

KDCよりもだいぶ安いですが、ビームの線が太く読み込みにくいです。

最初は、こちらで始めるのもありです。

バーコードリーダー(出品用)

こちらのバーコードは、コンビニとかスーパーでよく見かけるのに似てますね。

出品するときに、手打ちでJANコードを入力すると遅いので、これもあると便利です。

こちらは、2000円とか3000円ぐらいの値段なので、買っておいたほうがいいですね。

ではでは(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です