本せどりの配送方法は?クリックポストのやり方を解説!

まもる
こんにちわ。まもるです。

今日はクリックポストのやり方を解説します。

ずっと特約ゆうめーるを使ってきたので、クリックポストは初めて使いました。

登録は、簡単でしたよ。

本せどりの配送方法は?

本せどりの自己配送の方法

僕は、雑誌・単行本・セット本、たまにCD・DVDを扱ってます。

配送方法は、FBAを除けば、

・特約ゆうメール 約100円

・レターパックライト 370円

・レターパックプラス 520円

・特約ゆうパック  611円~

を使ってきました。

なかでも、特約ゆうメールは、送料が安いので、一番使ってきました。

自己配送のほとんど特約ゆうめーるです。

自己配送 VS FBA

「せどりと言えば、FBAでしょ?」

という声が聞こえてきそうですが、本せどりで雑誌や単行本の場合、自己配送を使ってる方は多いと思います。

僕もその一人。

何故かと言うと、自己配送の方が利益率がいい場合が多いんです。

例えば、雑誌や単行本を1冊仕入れて、200円で仕入れて、800円で売るというような場合、自己配送の方がAmazonの手数料がずっと安いです。

FBAだと手数料が高くて、利益が小さい。

それに、本1冊なんかだと、FBAの納品よりも、自己配送の方が作業が速くて楽。

なんせ封筒に入れるだけですからね~。

ぶ厚いセット本や、高単価の本はFBA向きなんですけれども。

そんな事情があって、安い特約ゆうメールを多用してきました。

・・・

・・・

ところが、ところがですよ。

先日、Amazonから重要なお知らせとして、追跡可能率を95%にしてください。

という通知がきました。

今のところ、95%を下回っても、ペナルティはないです。

とは言え、いつペナルティが発生するか分からないので、追跡可能率を95%にしといた方がいいですよね。

追跡機能

「ところで、追跡可能率とは?」

有効なお問い合わせ番号が付いてる配送の割合の事です。

つまりは、追跡機能つきの配送サービスです。

今まで使ってる中で、レターパックやゆうパックは追跡機能はついてます。

しかし、特約ゆうめーるにはついてません!

と言う事で、レターパックより安いサービスのクリックポスト初めて使ってみました。

クリックポストのやり方を解説

クリックポストとは?

クリックポストは、日本郵便の配送サービスで、送料が全国一律198円。

幅 9㎝~25㎝。

長さ 14㎝~34㎝

厚さ 3㎝まで

重さ 1㎏以内

個人的には、重さがネックです(;’∀’)

1㎏というと、大きな雑誌だと、たまに1㎏超えるのがあります。

超えた本は、レターパックですね。

よく仕入れるアニメ雑誌を置いて入るか確かめてみました。

サイズは問題ないです。

あとは重量ですね。。。

はかりがあったほうがいいですね。

クリックポストを使ってみた

クリックポストを使ってみました。

まずは、利用者情報の登録。

日本郵便のHPからクリックポストを選択して、登録。

自分の住所や名前、メルアドなどを登録します。

そして、実際に配送する物の宛先を入力。

(Amazonの注文画面から、コピペが速いです。)

支払いは、クレジットカードを選択できます。

そして宛先ラベルを印刷したら、封筒に貼ります。

そして、Amazonの注文管理画面で、お問い合わせ番号を入力。

そして出荷通知。

これでOK。

初めてなので、ゆっくりしましたが、これで10分程。

次からは、もっと速いですね。

所感

特約ゆうめーるに比べて、送料が100円増し。

また、重量が1㎏超えてたら使えない。

薄利多売は、ちょっと厳しくなりそうですね。

仕入れの時に、サイズと、持った時に、だいたいの重量から、仕入れ判断する必要があります。

しかし、ポスト投函できるので、郵便局に行く必要がない、平日・土日関係なく、時間を問わず出荷できるのは、ありがたいです。

昔から、本せどりは、もう終わったという話をよく聞きます。

僕が本せどりを始めた5年前から言われてましたw

仕入れにくくなったり、Amazonの規約変更に右往左往されますが、時代に変化しながらやっていくしかないなぁと思います。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です