本せどりのリサーチのツールやアプリを解説!【仕入れ同行編】

まもる
こんにちは。まもるです。

先日、コンサル生さんと仕入れ同行で奈良へ行ってきました。

今回は、古書店も寄ってみました。

なかなか面白かったです!

それと、よく本せどりのツールやアプリについて質問を頂くので、書いてみました。

本せどりのリサーチツールとアプリの解説

本せどりのツールやアプリ

「まもるさんは、本せどりのツールは、何を使ってるんですか?」

よくツイッターのDMや、LINE@で聞かれます。

結論から言うと、

雑誌や単行本は、せど楽チェッカーのアプリを使ってます。

そして、セット本は、全巻君。

出品や価格改定は、プライスターと使い分けています。

以前は、せど楽チェッカーを使う前は、アマコードプロを使っていたのですが、モノレート終了してから、せど楽も使ってみて、せど楽の方が使いやすいな、と思ったので、今はもう、せど楽チェッカーを使ってます。

ただ、たまにエラーが出ます。

ブックオフのインストアコードがたまに読み込まない時があります。

しかしそれを差し引いても、販売履歴がわかることや、フィルターの設定が便利なので、手放せないですね。

あと、雑誌や単行本などをリサーチするときは、ビームは必須です。

最近、Gotoで、沖縄や、広島や、滋賀、東海と、あちこち行きましたが、ブックオフには、必ずといっていいほど、せどらーさんがいましたが、ビーム使っていない方が結構多くて、もったいないなあ、と思いました。

ビームに比べて、読みこみにだいぶ時間がかかるし、その分あまり仕入れられないから、気持ちが凹むんですよね。

そうなると、すぐにリサーチが嫌になって、すぐに諦めてお店を出ちゃう、という事に。

いやぁ、もったいない。

あと、セット本せどりをやってる方で、紙にびっしりリストを書いて、じーーーっと見ながら、棚とにらめっこしてる方もよく見ます。

スマホはほとんど見てないみたいで、、、

いやぁ、それももったいない。

全巻君を使えば、リスト管理楽だし、リサーチも簡単なのになぁ、と思います。

セット本は、確かにリストを知ってたら有利なんですが、本の価格って結構変わるので、ちょくちょく相場を確認しないと、以前は高値だったセット本が、いつの間にか、全然利益が出ないセットになってる、なんてことは日常茶飯事ですからね。

まあ、それは、セット本だけでなく、雑誌や単行本もそうなんです。

それで、ツールできちんと確認して、仕入れ基準を絞らないと、全然売れない本とか、全然利益が出ない本を仕入れてしまって、ツール代金よりはるかに損してしまいます。

コンサル生さんと仕入れ同行

さて、先日は、コンサル生のHさんと仕入れ同行で奈良へ行ってきました。

この方と仕入れに行くのは、もう5回目。

たまに電話でも話すので、僕の中では、もうせどり仲間って感じです。

いつもどおりブックオフに朝10時に待ち合わせをしたのですが、思ってたより早く着いたので、車内で少し寝っ転がって待ってました。

仕入れに行った時は、だいたい昼寝を挟みます。

店舗せどりって結構疲れるんですよね。

夏場よりは、運動もしててだいぶ体力が戻ってきたのですが。

10時になったなぁ、と思ったら、ちょうどお店の前で待たれてて、「久しぶりですね!」というご挨拶をしながら店内へ。

前回の同行では、ビームを結構頑張ったので、今回は、最近の近況報告とかお話しながら、セット本の棚を見ていきます。

文庫本や、雑誌は、どのあたりをビームやってますとか話ながら、コミックがよく仕入れられました。

お次は、倉庫系のお店へ。

ブックオフに比べて、棚が高く見づらいですが、お宝が眠ってそうな予感。。。

と思ったら、今まさに、トレンドになってるコミックを発見!!!

「え~、すごい!あるやん!」

と、二人でホクホク。

「ちょっとカゴ持ってきますよ」と、僕。

「え、これ僕仕入れていいんですか~」と言われるので、「いやいや、もちろん」と仕入れてもらいました。

元々少なめのコミックですが、まさかこんなにあがってるとはねぇ。

これぐらいのものを仕入れられると一気に楽しくなります♪

それから、それ関連のコミックも2セット見つけられました。

その後は、個人経営の古本屋さんへ。

ここは、仕入れメインというよりも、「個人の古本屋さんって行ったことないです」と言われるHさんの発言もあり、楽しんでもらえるかなと思い、行ってみました。

お店に入ってすぐに活字のワゴンがあり、古いレトロコミック、奥には、高そうな古い本がありまして、ブックオフとは、ひと味もふた味も違う雰囲気です。

ここでは、欲しい抜け巻が大量に見つかり、二人で山分けしました。

お店を出たHさんから、「古本屋さんおもしろいですね~」と言ってもらえたので、来てよかったなと思いながら、北へ北へと、向かいます。

3店舗仕入れをして、もうお昼を過ぎてたので、ここでお昼に。

食べながら、最近の近況報告とか、色々お話。

LINEでやりとりするのもいいですが、やっぱり会って色々話すのは楽しいですね。

それからブックマーケットというチェーン店の古本屋に行き、ここでは、きれいな児童書のセットを発見!

珍しい物を仕入れられました♪

そして、ラストは、またまた個人の古本屋さん。

商店街の中にあるお店で、駅前の駐車場に停めて、歩いてすぐ。

おじいちゃん店主さんがやってるお店で、活字の本がメイン、コミックはちょろっと。

入口入ってすぐに、異変に気付きました。

「あれ!?」

あわてて値札を見ると、とある活字文庫のラストの上下セットで560円。

安い!

というよりも、久しぶりに見たな~という活字文庫を発見しました。

状態もきれいだったの、8000円超えで売れそうです。

「え!?よくこんなの見つけたんですね!」とHさん。

前に2度販売した事があるので。

その後2階にあがりましたら、古書の山。

商店街には、喫茶店があったので、少しゆっくりしていく事にしました。

ネット仕入れの話とか、奥さんと一緒にせどりをやっていくコツとか、読んだ漫画が面白かったとか、そんな話。

とまあ、仕入れ同行にしては、ゆるゆるというか、仕入れのリサーチをあまりしてないです。

1日だけの仕入れ同行では、古書店での仕入れとか効率悪すぎて行かないですが、せどりのオフ会のノリなら行ってみるのも楽しいですよ。

「また来年お会いしましょう!」と言って、奈良を後にしました。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です