本せどりの仕入れ基準を公開!どんな本を仕入れればいいの?

「はぁ~、全然売れないよ」

仕入れ基準があやふやだと、なかなか売れません。

僕も、最初は、仕入れ基準がテキトーでしたw

そのため、なかなか売れなかったり、利益が少なかったり。

今回は、仕入れ基準と、仕入れる本の目安を書いてみました。

ご参考にどうぞ(*^▽^*)

仕入れ基準

あくまで目安を書いてみました。

ランクがかなり良かったら、利益が少なくても仕入れたり、かなり利益があれば、少しランクが悪くても仕入れたりします。

仕入れのバランスは、こちらもご参考にどうぞ↓

本せどり 自己配送向きの本・FBA向きの本とは?

売れる物を仕入れる

そもそも、売れない物を仕入れたら、売れません。

売れる物を仕入れましょう。

本せどりが、非常にリスクが少ないビジネスなのは、売れると分かっている物だけ仕入れるからです。

・Amazonランク60万位内

ランクは、現在のランクと、平均ランクがあります。

平均ランクを見てください。

アマコードプロの期間6か月以内で、12回以上売れている物を仕入れる

・出品者が多すぎない

20人以下が目安

Amazonランクが高くても出品者が多すぎると、価格が下がりやすいので、少ないほうがいいです。

きれいな物を仕入れる

・「非常に良い」 で売れる本を仕入れる。

非常に良いで売れれば、可が最安値1円で出品されてても、1000円とか高値で売ることができます。

中古の場合、可・良い・非常に良い・ほぼ新品

の状態があるけど、、可を仕入れると安値にしないといけないし、

クレームにもなりやすいので、きれいな本を仕入れましょう。 

・付属品がそろってる物を仕入れる。
(CD・DVDつきか?ポスターつきか?)

付属品がそろっていれば、出品コメントにも書きましょう。

付属品に価値がある場合は、差別化できますよ。

利益率が高い本を仕入れる

どんなに仕入れ基準を厳しくしても、売れ残りは必ず出ます。

仕入れた本の利益率が低すぎると、不良在庫が利益を圧迫します。

仕入れ値の4倍以上で売れる物を目安に仕入れてみてださい。

例えば、200円→800円以上で売る。

そうすれば、仕入れた本の半分売れれば元は取れるので、

まず損はしません。

どんな本を仕入れればいいの?

ブックオフに行ってみて、たくさんの本を眺めて、

こう思いますよね。

「いったいどこから見ればいいのか?」

まずは、特定の棚に特化すべきです。

最初からあれもこれも調べるよりも、今日はここ、明日はここ、

という具合でちょっとずつ調べていけばいいと思います。

200円以下の本

まずは、単価が安い本を仕入れてみましょう。

売れ残ってもリスクは少ないです。

売れ始めたら、少しずつ単価の高い本も仕入れていきましょう。

定価が高い本

基本、中古は新品より安くしないと売れません。

だいたい新品の半額より少し高いぐらいが中古の価格の目安です。

ということは、定価が1000円と定価が3000円の本では、どちらが高く売れるでしょう?

普通は、定価が3000円のほうが中古の価格も高いです。

なので、定価が高い本から調べましょう。

専門書

専門書は、全体的に定価が高いです。

本のタイトルを見て難しそうな本だな、と思ったら、調べてみましょう。

メジャーな本よりマイナーな本

メジャーな本は、発行部数が多く1円本が多いです。

マニアックなタイトル、聞いたことない言葉がタイトルだったら調べてみましょう。

Amazonでは、こんな本誰が買うねん?っていう本が結構売れますよ(*^▽^*)

好きなジャンル

まずは、自分の好きなジャンルの本を調べてみましょう。

アニメが好きな人はアニメ。

料理が好きな人は、料理の本。

自分の好きなジャンルだと、調べるのも苦にならないですよね。

仕入れた本を見れるのも楽しみの1つです( *´艸`)

最近売れた本

200円→1200円

専門書っぽい本は売れます。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です