本せどりの初期費用は、いくら?資金作りの方法を5つ紹介!

まもる
こんにちは。まもるです。

本せどりをやってみたいけれど、資金があまりないという方に、必要な初期費用を解説します。

また、資金作りにおすすめの方法もご紹介します。

本せどりの初期費用は、いくら?

本せどりに必要な環境を作ろう

・ネット環境      月5000円ぐらい

・パソコン       5万円~

・プリンター      1万円~

・本棚         2000円~

・梱包用品       2000円~

・古物商許可証     2万円ぐらい

・バーコードリーダー  1万円~

本せどりは、ネットで販売するので、自宅にインターネットができる環境が必要です。

ネットの契約と、パソコンや、注文書を印刷するプリンターが必要です。

それから仕入れた本を管理しておく本棚が必要です。

梱包用品などは、最初100均で買ってもいいですが、継続的に必要になるので、早めにネットで安く購入するといいですね。

そして中古品を売買するのに必要な古物商の取得費用や、プレート購入などで2万円程かかります。

バーコードリーダー(ビーム)は、なくてもできますが、あった方が仕入れが効率的なので、早めに購入しましょう。

本せどりに必要な環境を作るのに、約10万円が必要資金となります。

パソコンやプリンターを持ってたら、4万円程ですみます。

仕入れに必要な資金

本せどりは、仕入れ資金が少なくても始められるのが魅力です。

本は1冊110円から仕入れられます。

100冊ほど仕入れると、ポロポロと売れていって入金されます。

入金された資金をまた仕入れに使えます。

110円の本を、300冊も仕入れれば、どんどん売れていきます。

最初の仕入れ資金は、3万円もあれば充分です。

本せどりに必要な初期費用は?

本せどりに必要な環境を整える費用に4万円、仕入れ資金が3万円。

7万円が本せどりを始めるのに必要な資金です。

毎月10万円や20万円稼ぐには、それだけだと難しく、ツールに課金したり、高い本(プロパー)を仕入れたりと、資金が必要になりますが、まずは7万円あれば始められます。

資金作りの5つの方法

初期費用を作る5つの方法

①節約

②不用品販売

③自己アフィリエイト

④ポイ活

⑤アルバイト・残業

本せどりの初期費用を作るための方法を、5つご紹介します。

どれも簡単にできて、誰でもできる事なので再現性が高いですよ。

①節約

まずは、節約です。

毎月の収入と支出を見直して、収入の方が支出を上回るようにします。

支出を抑えるコツは、固定費の見直しです。

家賃、電気代、水道代、ガス代、ネット代、スマホ代などです。

電気代や、スマホ代は、会社を変えるだけで簡単に安くできるので、おすすめです。

②不用品販売

自宅にある不用品を、メルカリやヤフオクで販売すると、それなりに資金になります。

漫画や、DVD、ゲームなど探せば色々見つかります。

不用品を販売する事で、出品~出荷の流れが分かります。

③自己アフィリエイト

商品を購入したり、サービスを申し込んで、報酬をもらう、自己アフィリエイトも簡単にお金になります。

FXや株の口座開設、クレジットカードを作る事で、すぐに数万円になります。

④ポイ活

商品を購入する時に、現金で支払わずに、クレジットカードや、スマホ決済を使う事で、ポイントが得られます。

1回の会計でつくポイントはわずかですが、積もれば大きな金額になります。

⑤アルバイト・残業

本業で残業をしたり、アルバイトをする事で数万円ならすぐに作れます。

ではでは(^^)/

本せどりに関するご質問などは、こちらまで。

友だち追加

ID 「 @viy9662k 」 で検索頂いても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です