インベスターZから学ぶ、お金の歴史

「金は人なり 人は金なり」

インベスターZは、ほんとに名言が多いです。

そしてお金の勉強になります(*^▽^*)

今回は、インベスターZの1巻後半です。

テーマは「お金」

この漫画は、数少ない「お金」の事を真剣に考える漫画です。

インベスターZ


インベスターZ(1) (モーニングKC) [ 三田紀房 ]

インベスターZの1巻の 前半のあらすじ 

1巻後半の内容も、盛りだくさんです。

お金の歴史

主人公の財前は、お金っていつ誰が作ったのか気になります。

そして、先輩と一緒に勉強を始めます。

物々交換→お金の誕生

人類は5500年間もお金のない社会にいた

財前「じゃ5500年間もずっと物々交換?」

物々交換

欲しいものを持つ者どうしが交換。
しかし、欲しい物を持っている人を探すのが大変。
また、保存がきかないものは無駄になる。

そこで価値を決めて交換の道具にした

いつでも欲しいものに換えることができて便利になる。

そこで、単位を決めて、交換レートを固定した。

単位は、麦、米、トウモロコシ、牛、豚、トナカイ、クジラの歯、貝殻、毛皮、羽毛 など。

金は人なり 人は金なり

この言葉の意味を考えるように先輩に言われ、考えます。

財前の答え

物々交換の時の人類

毎日食料を確保するのに多くの時間を費やし、食べるためだけに生きていた。

お金が誕生した人類

お金と物を交換するシステムに変わり、食料が欲しい時に手に入るようになった。

生活に余裕ができて食べること以外を考えることができるようになった。

結論

人間はお金によって考える時間を獲得した。

深く考え知恵を持ち、知識を蓄えた。

人だけがもつ高度な能力は、お金によってもたらされた。

お金が人を人にした。

コミュニケーション

金の声を聞け

お金は知らない者、言葉が通じない者同士を結び付けられる唯一の手段。

物々交換の時の人類

知らない者どうしでは、無事交換が成立するか、不安と疑いがつきまとった。

お金が誕生した人類

見ず知らずの人間でも会ったその場で信用しあえる状況を作った。

人は人を信じるようになった。

こうしてお金が人と人の交流を活発にして物流が増え、文明が発達した。

大航海時代

麦や塩や羽毛は持ち歩くのに不便で、品質も一定ではないので、交換レートを定めるのが難しかった。

そこで、コインが作られた。

そして、紙幣へと変わっていく。

金融

金融のシステムは、大航海時代に作られた。

航海に危険はつきもので、1人が大損するリスクを避けるため、資金を出し合い、リターンを分配したことから始まる。

投資は事業になり金融が市場化する。

これを強力に後押ししたのが、銀行だ。


にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です