カップヌードルミュージアム大阪へ潜入!安藤百福とは

「ずるずるっ、ずるずるっ~」

カップヌードルっておいしいですよね。

どうも観光好きのまもるです(*^▽^*)

突然ですが、カップヌードルが作られたのが大阪って知ってました?

みんな1度は食べたことがあるカップヌードルの発明記念館に行ってきました。

カップヌードルミュージアム

小雨が降る中、車で行ってきました。

大阪の池田市。

それは、突如、住宅街に現れました。

観光好きの僕は、あまりお金をかけずに遊べる場所がないかな~と、思っていたわけですw

ネットで調べてやってきました。

なんとここは、入館料が無料!

駐車場が23台しかないので、すぐ満車になるみたいですが、僕が行ったときは、ギリギリ空いてました。

インスタントラーメン・トンネル

入館すると、平日なのでそれほど人は多くなかったです。

ミュージアムの中に入ってすぐに目に入ってきたのは、カップ麺のトンネル。

壁一面におびただしい数のカップ麺のパッケージが展示されてます。

その数なんと、約800種類!

「こんなに多くの種類のカップ麺が出てるんやあ~。」と感心しながら見ていきます。

お!カップヌードルは1971年に発売されたのか!

カップヌードルには、すごい仕組みがあるんですね~。

後で、知ってビックリしました(*^▽^*)

1958年、チキンラーメン誕生!

世界初のインスタントラーメンがこの年に発売されました。

安藤百福とインスタントラーメン物語

インスタントラーメン・トンネルの反対の壁側には、インスタントラーメンの仕組み、発明者の思い、活動、が展示されてます。

阪神淡路大震災などの災害に「食」で貢献してるんですね。

カップヌードルを発明した安藤百福(あんどうももふく)氏が、戦争で焼け野原になった状態を見て思ったんですね。

「食」でお腹がいっぱいになれば心も豊かになれる、と。

いいこと言ってます(*^▽^*)

「食」こそがすべての原点だ
食は人間にとって何より大切なものである。空腹が満たされてはじめて、音楽や絵画を楽しむ余裕が出てくる。食こそがすべての原点である。

ちょっと見てて、うるっときましたw

いい言葉ですね。

チキンラーメンの誕生

世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した研究小屋が忠実に再現されてます。

特別な設備がなくてもアイデアと行動させすれば、偉業を成し遂げられるんですね~。

テイスティングルーム

ここでは、地域限定のカップ麺を自動販売機で販売してます。

お湯が入れれるので、ここで食べられます。

僕はチーズカレーのカップ麺と、わさびチキンのカップ麺を食べました。

カップヌードルの事を知ってから食べると、味も格別です(*^▽^*)

カップヌードルドラマシアター

ここは、ミニ映画館みたいなところで、カップヌードルの発明までの道のりを、座って鑑賞することができます。

なかなか面白かったです。

「カップヌードルって、麺が宙に浮いてるって知ってました?」

「ええ?そうなん?」

「そうなんです。ほら。」

このように宙に浮いてるのは理由があって、

宙に固定することによって、配送時に麺が動いて壊れることを防止。

また、お湯を入れた時に、麺がほぐれやすくするためだそうです。

ショップ

ここは、グッズを扱ってます。

他にも、マイカップヌードルファクトリーでは、自分オリジナルのカップヌードルを作ることができたり、

チキンラーメンファクトリーでは、チキンラーメンを手作り体験ができますが、

時間がなくて、できませんでした。

アクセス

行ってみると結構楽しめましたよ。

ぜひ一度行ってみてください。

アクセスはこちら☟

https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/osaka_ikeda/guide/access/

休館日は火曜

開館時間9:30~16:00

駐車場は23台
料金は60分毎に300円

安藤百福(あんどうももふく)

1910年3月5日生まれ。

日清食品創業者。

大阪府池田市の自宅裏庭に建てた小屋で、「お湯があれば、家庭ですぐ食べられるラーメン」の開発を始めた安藤百福。

1日平均4時間という短い睡眠時間で丸1年間、1日の休みもなく、1人で研究し続けました。

第1の発明「チキンラーメン」(1958年)

1958年8月25日、世界で初めてのインスタントラーメンである「チキンラーメン」が生み出されました。

「チキンラーメン」は魔法のラーメンと評判になり、またたく間に爆発的な人気を集めました。

第2の発明「カップヌードル」(1971年)

安藤百福がアメリカへ視察に出かけた時こと。

スーパーの担当者たちは「チキンラーメン」を小さく割ってカップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めました。

インスタントラーメンを世界に広めるためのカギは、食習慣の壁を超えることにあると気づいたのです。

さまざまな知恵と革新的な発想を集結し、「カップヌードル」が誕生し、インスタントラーメンが「世界食」に生まれ変わりました。

第3の発明「スぺース・ラム」(2005年)

宇宙食ラーメン「スペース・ラム」。

無重力状態で食べるための工夫が加えられました。

応援よろしくお願いします(*^▽^*)


にほんブログ村


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です