コンサル生さんとせどりと情報発信の話してきました!

まもる
こんにちは。まもるです。

先日、コンサル生さんと一緒に仕入れと、情報発信のお話をしてきました。

情報発信って、何からすればいいの?

という方にとって、お役に立てる内容だと思いますので、会話の一部をお伝えします。

コンサル生さんとせどり

本せどり

「久しぶりですね!」

「元気ですか?」

ブックオフの駐車場で、久々の再会です。

といっても1か月ぶりぐらいですが。

最近の近況など話しながら、お店が開く10時を待ちます。

まずは、セット本から。

棚をじっくり見ながら、最近これ売れたとか、あれ集めてるとか、そんな話がとまらない。

大の大人2人がじっくり見ましたが、仕入れられませんでしたw

気を取り直して、単行本と、雑誌コーナーに分かれてそれぞれ仕入れ。

じっくりビームやりましたが、2人ともどうにもこうにも、数冊仕入れでフィニッシュ。

ありゃ💦

「次行きますか」

2店舗目も、同様に、セット本から、雑誌や単行本をそれぞれ。

こちらも振るわず、お互いう~んの表情。

仕入れざんまいの日なら、なにくそ精神で、次々と数店舗行き仕入れの挽回をはかるのですが、この日は、色々お話をしたかったので、近くで昼食に。

コンサル生さんと情報発信の話

昼食から珈琲まで

さて、ここから怒涛のせどり&情報発信のお話になりました。

昼食でも、話してたら、雨が降ってきて、やむまで話してましたし、それだけでは飽き足らず、近くの珈琲店でもお話ざんまいの1日でした。

なんせコンサル生さんが、ブログを書き始めたのです!

今までは、せどりの話ばかりで、ブログの話をしてみても、へえとピンとこない表情をされてたんですが、今は、「あ~、なるほど!まもるさん、すごい!!!」と、とてもいい反応をしてくれます。

情報発信の始め方

せどりの情報発信って、せどりで1人前になるまでは、やったらダメだと思ってる方が多いようです。

僕も、できないと思ってました。

しかし、ツイッターなら、いとも簡単に、多くの方がやってます。

朝ツイッターを見ると、「おはよう!」から始まり、各々の決まった内容や、面白おかしく、工夫を凝らした様々なツイートが散見されます。

それぞれの個性を発信されてますね。

これも情報発信なのですが、これだけだと勿体ないなぁ~、というのをいつも思ってて、ブログや、noteなどに記事を書いてまとめた方がいいんですよね。

その方が、読み手側が見たい記事をサッと読みやすいです。

書く側も、1記事書こうと思ったら、ツイッターのように、おはよう!だけでは、記事がとても寂しいですから、しっかりと読んでもらえる内容が必要になります。

ツイッターなら、140文字の制限がありますが、ブログやnoteなら、1記事1000文字以上は書かないと、(え!これだけ!)とちょっと物足りない記事になってしまいます。

これが最初は、なかなか難しい。

記事を書こう

記事を書いてみようと思っても、書けない。

何を書いたらいいんだ。。。

そんな方は、書く内容を、まずは、ざっと書きだしてみましょう。

✅いまやってるせどりの手法

✅考え方

✅成功した話

✅失敗した話

などなど。

せどりをつい最近始めた方は、Amazonのアカウントの作り方の記事が書けますし、FBAを初めてやった方ならその記事を書く事ができます。

自分のやってみた感想、注意点、失敗した話なんかもあると、とても役に立つ記事になります。

そんな簡単な内容でいいの?と思うかもしれませんが、これから始める方にとっては、とてもありがたい記事になります。

コツコツ書いて資産にしよう

ブログを書くって、なんか面倒くさそうと思うかもしれません。

しかし、ブログで収益をあげるという事を目標にすれば、続けられるのではないでしょうか。

毎日の仕事は、めんどくさくても嫌でも、仕方なく会社に行くのは、お金がもらえるからですよね。

最初は、文章を書く練習でブログを始めてみて、継続して、今後収益化できる資産を目指しましょう。

ツイッターだけで1年間発信し続けるのであれば、ブログでも1年間記事を書いた方がいい。

ツイッターで愚痴や、不平不満、文句を1年間発信し続けるのであれば、ブログで1年間人の役に立つ記事や、面白い話を書いた方がいいんですよね。

モチベーションアップ

この日、1日お話して、僕のモチベーションもとてもあがりました。

せどりもブログも、結果がなかなか出ない時、なかなかうまくいかない時が誰でもあります。

普段、1人でもくもくと作業する事が多いので、たまには誰かと話してみる、会ってみるのもいいですよ。

ではでは(^^)/

本せどりコミュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です