京都でセット本の仕入れ同行!

まもる
ずいぶん寒くなりましたね~。

さて、先日いとらーさんのコンサルのお申込み特典で、無料の仕入れ同行をつけてました。

早速、お申込みいただいた方の同行に行ってきました~。

行ったのは京都。

かなり仕入れることができましたよ。

「全巻君使いやすいですね~」。

先日、行ってきました、京都。

今回の仕入れ同行させていただいた方は、京都在住のHさん。

せどりを始めて間もないそうですが、奥さんが梱包など手伝ってくれるという、なんともうらやましい30歳の方でした。

待ち合わせは、京都のブックオフ。京都は、久々です(*^▽^*)

着いて、挨拶を少し。

僕は、本業が接客業なのか、人見知りがだいぶなくなりましたね。

わりと平気になりました。特に、せどりの話だと楽しいので、結構盛り上がります。

さて、早速店内に。

まずは、雑誌・単行本コーナーから見ていきます。

アマコードは、最近インストールしてもらってたんですが、まだ見かたがわかりにくいということで、実際にリサーチしながら説明していきます。

残念ながら、このお店ではなかなかいいのがありませんでしたw

続いて、セット本。

まずは文庫コミックから見ていきます。

「これ、知ってます?結構いいですよ」

とか、「それ!すごくいいですね!」とか、話しながら一緒にリサーチ。

1人で仕入れに行くのもマイペースにできていいですが、仕入れ同行のいいところは、こういう会話しながら楽しんで仕入れができるところです。

しかも、格段にレベルアップします!

続いて、青年コミック、少年・少女、児童書、活字文庫とひととおり見ていきます。

Hさんは、いとらーさんのコンサルに入ってから、昼休憩中も、セット本のリスト(コンサル専用)を見て勉強。

また、自分なりに、仕入れも行ってるので、すでに知ってるリストも結構ありました。

そんなこんなで、ワイワイとやってると、いつの間にかもう12時過ぎ。

あっという間に2時間も経ってたんですねw

会計を済ませてから、近くのラーメン屋へ。

僕は、ラーメン・餃子・チャーハンと、がっつりいただきました。

朝早く出てくるとお腹が空きますね。

食事中も、お互いの仕事の話や、せどりの始めたきかっけとか、コンサルの話とか、いっぱい話しました。

ゆっくり話できるところだったら、1日中話せそうですねw

さて、まだ1店舗しか行ってないので2店舗目へ。

このお店は、外観が真っ黒。

景観を派手にしない京都らしくていいですね。

僕は、このお店は初めてです。

初めてのお店は、探検みたいでテンションがあがりますね(*^▽^*)

ここでも、雑誌・単行本コーナーから、セット本と順番に仕入れていきます。

Hさんと話していてわかったんですが、なんでもコンサルに入る前に自分流で仕入れをやっていて、レア巻があつまってないセット、出品できないセットが結構あるみたいで、しかもあまり部屋の在庫スペースがないみたい、との事。

それならば、とあまりかさばらないセットを仕入れてもらうことにしました。

具体的には、

・僕が何度も販売してるセット
・レア巻
・一発コンプしてるセット

他は、とりあえず見送り。

リストを覚えてもらうために、1冊だけ仕入れてもらったり、スクショを撮ってもらって、大量仕入れは控えることにしました。

※後日、棚を買ったというLINEをいただきました。

そうなんです、セット本は、ある程度在庫スペースは必要です。

ただ、工夫はできます。

・少ないセットに強くなる。
・なるべく早くセットにしてしまって早く出品する。
・FBAをどんどん活用する。

それでも、2店舗目終了でこんな感じに。

雑誌もここでは、少し仕入れることができました。

続いて3店舗目。

もうすっかり夕方です。

だんだんと、雑誌や単行本の仕入れも、慣れてきたみたいで、どんどんリサーチしてくれてました。

「この場合、発送はどうするんですか?」とか、「これやったら仕入れますか?」とか質問も。

3店舗目はこんな感じ。

安いセットは、Hさんが見つけました。

3店舗目終了で、外はもう真っ暗です。

続いて4店舗目。

ここは、1時間以上で、駐車料金がかかるので、手分けして探すことに。

このお店は、かなりいいコーナーがあって、結構仕入れられました。

Hさんいわく、「ここのお店は、〇〇コーナーが熱いんですよ~」との事。

なるほど、さすが地元のせどらーさんです。詳しいです。

僕もたまに、こっそりと利用させてもらうことにしますw

そして、こんな感じに。

なんだかんだで、結構仕入れてしまいましたねw

でも、雑誌やコミックも結構いいのがありました。

うお!これはすげえ!というほどの逸材に巡り合うことはできませんでしたが、それでもコツコツとやれば、仕入れは充分できます。

何より、Hさんが、「全巻君使いやすいですね!」と言って使い方に慣れてきたり、雑誌のリサーチをどんどんやってくれてたのが嬉しい。

この仕入れ同行1日でどれだけ利益をあげられるかも大事ですが、それよりも継続してHさんが稼げ続けられる事のほうが大事です。

4店舗目終了で、時刻は21時過ぎ。

外は雨が降ってました。

仕入れ同行は、仕入れをしながら、話をしながらなので、ちょっと疲れます。

疲れますが、非常に楽しいです。

僕も心地よい疲労感で、京都を後にしました。

和歌山に到着したのは、深夜1時。

「今日はありがとうございました!」と、HさんからLINEがありました。


にほんブログ村


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です