めぎゅさんの企画当選!ビームせどりを解説します!

まもる
こんにちわ。まもるです。

ビームせどりってやった事ありますか?

実は、先日めぎゅさんの企画に当選しました!

今日はビームせどりについて解説します。

めぎゅさんの企画

めぎゅさん

めぎゅさん。

めぎゅさんの情報発信チャンネルは、こちら☟

ツイッター

ブログ

YOTUBE

めぎゅさんは、せどりに情報発信、アフィリエイトとマルチに活躍されてる方。

せどりのスタイルは、効率化を求める合理的な印象を受けます。

情報発信は、「的を得る」という言葉がぴったり。

1本の弓矢で真っすぐ、ど真ん中を射抜くような発信が特徴的です。

フォロー推奨

めぎゅさんのツイッターやブログは役に立つ情報が多いです。

特に、

・せどり初心者

・本せどらー

・情報発信者

の方は、フォローしておいて損はないと思います。

めぎゅさんの企画

先日、こんな企画を発見しました。

なんと、めぎゅさんが、KDC20を3名様にプレゼントするという企画です。

しかも新品です!

なんと太っ腹企画!

でも初心者さん向けだよね、と思ってましたが、情報発信者枠もあることを知って、どうしようかな、と思いましたが、応募させて頂きました。

すると、見事当選!

めぎゅさん、ありがとうございます(*^▽^*)

ビームせどりを解説!

ビームせどりとは

ビームってそもそも何?っていう方もいるかもしれません。

ビームとは、小型のバーコードリーダーの事で、スマホとBluetooth接続します。

そしてビームでバーコードを読み取ると、スマホにデータが送信されます。

スマホのカメラでスキャンするよりもずっと速いんです。

ビームは必要?

「ビームってあったほうがいいんですか?」

よく聞かれる質問です。

まず、セット本せどりには必要ありません。

また、あまり検索数が必要じゃないジャンルのせどりなら、なくても大丈夫です。

ビームは、検索が速くなることが、大きなメリットです。

そのため、特に検索数を要する単行本せどりの場合は、必須レベルになってきます。

ビームは高い?

ビームって新品だと3万円、中古で安くても7000円とかします。

ちょっと高いですよね。

でも、ビームって、使いまくってからまた中古で売れるんです。

3万円で購入しても、2万円以上で売れるんですよね。

そう考えると新品でも1万円ぐらいです。

仮に1年ぐらい使ったとして、週1日仕入れ、年間50日使ったとすると、、、

なんと1回200円の使用料という計算になります。

ビームを使わない場合よりも1冊でも多く仕入れられれば充分という事です。

これは、使わない方がもったいないですよね。

設定

さて早速設定してみました。

箱を空けて、中身を確認、、、

おや、充電ケーブルが見当たりませんね。

「なんでないんや~」(;’∀’)

って思ってたら、なんと直接USB充電するタイプでした。

ほっと一安心、そしてこれは、凄く便利だなと思いました。

充電ケーブルって、どこいった?って探さないといけなかったり、スマホの充電ケーブルや、バッテリーの充電やらで、ケーブルだらけになったりするんですよね。

設定は説明書のバーコードを読み込むだけで、簡単、2分でできましたよ。

MS910と比較

すでに持ってるMS910と比較してみました。

①直接充電とケーブル充電

先ほど申し上げた通り、KDC20は直接充電できて便利です。

②バーコードの線が細いか太いか

こちらは、MS910。

う~ん、太いですね。

こちらは、KDC20。

細いです。

全然違いますね。

ビームが太いと、バーコードを読み込みにくいんですよね。

距離が離れれば離れるほど、MS910のビームは広がって読み込みにくくなります。

そのため、近い距離でビームをする必要があります。

その点、KDCは細いので、ちょっと離れてても読み込みます。

KDCの方が検索効率がぐんとあがりますね。

③ビームの威力

KDCの方がビームの威力が高いです。

それを体感できるのは、写真集などビニールに覆われてる場合や、ガラスケースの中の商品を読み取る時でしょう。

MS910ならなかなか読み込みにくいけど、KDCならサクサク読み込みます。

性能比較すると、やはりというか当然というか、KDCの方が優秀です。

ビームをまだ使ってない場合は、MS910から使い始めて、もっと効率化したいなぁってなったら、MS910を売って、KDCを購入するのもいいですね。

動画

動画でも語ってみました。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です