ネットオフのサブスクのタダ本とは【徹底レビュー】

まもる
こんにちは。まもるです。

今日は、ネットオフのサービス、タダ本について解説します。

タダ本の特徴、使ってみた感想を徹底レビューします。

ネットオフのサブスク

最近「サブスク」という言葉をよく聞きますが、サブスクとは、何でしょうか。

サブスクとは、サブスクリプションの略で、定期購読とか、会費という意味で、月額課金や、定額制のサービスの事です。

僕が電脳の古本せどりによく使ってるネットオフでもサブスクがあります。

それが紙の本のサブスク「タダ本」
です。

ネットオフのタダ本

タダ本の特徴

タダ本
・毎月15冊まで110円以下の本がタダ

・年5800円

・毎月お得なクーポンが届く

タダ本は、年間5800円を先に支払います。

月あたりにすれば、483円。

それで月15冊110円以下の本がタダになるので、1冊あたり32円計算です。

タダ本の対象は、20万冊以上で、コミックにビジネス書にと、幅広くあります。

さらに、毎月お得なクーポンが届きます。

僕は、だいぶ使ってるので、毎月300円分クーポンが届いてます。

タダ本徹底レビュー

タダ本を使ってみた感想

ネットオフでは、過去に高く販売した本や、セット本の抜け巻などを仕入れてるのですが、タダ本は、中でも、セット本の仕入れに向いています!

というのも、タダ本の対象になる本は、ネットオフで110円以下の本です。

そんな本の中から、Amazonで高値で売れる本を探すのは困難です。

しかし、セットにすれば高値で販売する事ができます。

セット本せどりをされてる方には、タダ本は、おすすめです。

セット本せどりは、店舗だけの仕入れよりも、ネット仕入れをやった方が断然そろいやすいので、ネットオフでの仕入れはすべきですし、そうなると、タダ本会員になっておいた方がお得です。

毎月15冊買うのが困難という声も

しかしこんな声もありました。

「ネットオフのタダ本を使ってるけど、毎月15冊の無料本を探すのがやっとで、いつも名探偵コナンなど、大型コミックの前半巻を買うのに使っています。」

と聞いて、僕がタダ本で仕入れてるリストを、少しお伝えしました。

「それは、良いことを聞きました。自分でも色々調べてみます」

と言ってくれました。

タダ本で仕入れやすい本の2つの傾向

タダ本は、ブックオフで仕入れるのに比べて3分の1の価格なので利益は出やすいですが、タダ本で15冊消化するために、わざわざ大型のセット本に手をつけて、作業量を増やしてしまうのは、本末転倒です。

少ないセット本でも、充分利益が得られる本をタダ本で仕入れる方がいいですよね。

そこで、タダ本で仕入れやすいセット本の特徴を2つお伝えします。

①マイナーな本

②古い本

この2つです。

なんかすごく抽象的ですよね。

しかし仕入れられるタダ本を見てると、だいたいこの2つなんですよね。

逆に言えば、メジャーな本、新しい本は、仕入れられません。

メジャーな本や、新しい本はタダにしなくても売れますからね。

タダ本で仕入れる場合は、コミックだと古いコミック、マイナーなコミックを調べてみてください。

活字文庫や、ラノベ、児童書も調べてみて下さい。

タダ本で仕入れた利益本をご紹介

僕が実際に仕入れて販売したタダ本の一部をご紹介します。

ネットオフのサブスクのタダ本で仕入れた利益本をご紹介!

ではでは(^^)/

本せどりに関するご質問などは、こちらまで。

友だち追加

ID 「 @viy9662k 」 で検索頂いても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です