【沖縄せどり旅1日目】ゆいレールと国際通り

まもる
そうだ!沖縄へ行こう!

こんにちは。まもるです。

先日、2泊3日で沖縄へせどり旅に行ってきました。

沖縄せどり旅1日目

そうだ沖縄へ行こう!

「沖縄へ、いつか行きたいね。。。」

「いいね、行こうね」

その言葉をお互い話して、どれぐらい経っただろうか。

(妻といつか行きたい)

そうぼんやりと思ってったけれど、いざ行くとなるとなかなか腰が重くて行けてなかった沖縄。

今回、ついに行ってきました。

Gotoが凄い!

沖縄へ行く後押しをしてくれたのは、Gotoの圧倒的安さ。

せっかく沖縄まで行くなら、1泊よりも、2泊ぐらいしたい。

それにぐるっと観光するなら、レンタカーもいるし、2人で行くなら、結構お金がかかるんじゃ。。。

そう思ってたけれど、いざ調べてみると、、、

「なんじゃこりゃ!」

大人2人、往復の飛行機代、ホテル2泊込みで、32000円。

めちゃんこ安い!

しかもしかも7000円分の地域共通クーポンまでついてきます。

※地域共通クーポンというのは、Gotoを利用して、旅に行くと、その地域で現金の様に使えるクーポンです。

お土産とか、食事とかに使えます。

32000円で7000円分のクーポンがついてくるということはですよ、実質25000円ということです!

Goto凄いですよね!

そしてGotoを利用しての予約は、特別ややこしい申請とか要らないです。

通常の飛行機とホテルの予約だけ。

ぼくらは、飛行機とホテルがパックになってるプランを選択し、ホテルを変更、飛行機の席を指定(隣同士になるように)というオプションをつけてこの価格。

この機会を逃す手はないですよね。

旅の楽しみは、計画から

飛行機とホテルを予約してしまったら、もう後戻りはできません。

沖縄行きが確定した時の妻のテンションは、やばかったですw

沖縄のガイドブックを買ってきて、まずは観光地で行きたいところを妻にピックアップしてもらい、僕がレンタカーの手配。

レンタカーは、1日(12時間以内)で、ナビつき、保険つきで、4200円。

2日目と、3日目で借りました。

空旅

関空から飛び立つ30分前には、搭乗手続きを終えてください、と記載されていたので、当日、関空に余裕をもっていったつもりでした。

ところが、今回予約した格安航空ピーチの搭乗口は、関空の端の方で、電車で関空についてから、無料バスに乗らないといけない場所にあったのです。

もうずいぶん、飛行機に乗っていない僕は、そんなことなど頭になく、のんびりトイレに行ってたら、妻から「搭乗口まで結構かかるみたい」と、LINEが。

あわててトイレをすませて、無料バスに乗り込むぼくら。

時間大丈夫かな~と、不安になりながらも、駆け足で、搭乗手続き。

事前に予約した紙を印刷してたので、その紙にあるQRコードを読み込むだけ。

なんとか間に合いました。やれやれです。

そこからは、ゆっくり荷物チェックを終え、いよいよ搭乗口へ。

しばらく待って、いよいよ飛行機に乗り込みます。

飛行機は、あまり乗らないからか何か特別感があって、写真をパシャパシャ。

飛行機は、離着陸の時が特にテンションがあがり、妻と、「いよいよやね」と小声で話しました。

「あのあたりが、九州かな、」とか言いながら、撮った写真がこちら。

空旅の時間は、2時間ほどで、窓側の席の妻は、外の様子を楽しんだり、スマホゲーム。

僕は、外の様子をしばらく楽しんだら、読みたくて持ってきた本で読書。

サーっと1冊読んでしまえて満足。

那覇空港

空港に着いたのが13時過ぎで、お腹も空いてたので、ここでお昼にしました。

頼んだのは、あぐー豚(しまぶた)のカレー。

ここのレストランは4Fにあり、食事をしながら飛行機が飛び立つ様子を大きな窓から見れたので、とてもよかったです。

その後、帰りの搭乗手続きの場所を確認しながら、那覇空港内をぐるっと散策。

ゆいレール

那覇空港からの移動手段で便利なのは、ゆいレールというモノレールです。

1日目の移動は、ゆいレールのみ。

ここからホテルまでは、ゆいレールと徒歩です。

頻繁に出てるし、那覇市の中心を走るので、国際通りなど、近場の観光ならこれで充分。

駅近のブックオフ

今回、沖縄で観光だけでなく、仕入れも楽しもうと思ってたので、ブックオフの場所を調べてたのですが、那覇空港から、ゆいレールで1駅行ってすぐのところにブックオフがあったので、ホテルでチェックインする前に寄る事にしました。

ゆいレールから降りて、徒歩2.3分です。

またこの近くに、倉庫系のお店もあったので寄ってみました。

倉庫系は、仕入れる事ができなかったですが、ブックオフは、ぼちぼちでした。

徒歩なので、単Cなど利益が小さい本はリサーチせずに、雑誌や、単行本プロパー、小さい文庫、コミックの貴重な巻に絞ってリサーチして仕入れてきました。

国際通り

「あ~疲れた」

という声とともに、ホテルのベッドに座って、荷物を置くぼくら。

朝から少し走ったり、歩き周って疲れましたが、荷物をホテルに置き、すぐに観光へ。

今回宿泊したホテルは、国際通りの近くにあり、ゆいレールからも徒歩数分のところという場所です。

国際通りまで来たら、もう夕方になり、左右のお店をキョロキョロ見ながら、歩き周ってたらすっかり暗くなりました。

ホテルの近くにご飯屋さんがなかったので、ここで晩ごはん。

国際通りは、ステーキ屋さん多かったですね。

ブックオフ2店舗目

腹ごしらえもすみ、もうこのままホテルに行って、1日目を終えてもよかったのですが、まだちょっと時間早いよな、ということで、ちょっと距離がありますが、ブックオフに仕入れに行く事にしました。

国際通りからは、歩いて40分ほど。

「結構距離あるね」と、妻。

「運動、運動、いけるいける」と、僕。

国際通りから暗い住宅街に向かってあるきながら、「へ~、沖縄は、こんな感じかぁ」とか、「だいぶ疲れたな~」とか話しながら、ようやく到着。

店内に入ってリサーチしてると、「お!」と思うような本があり、仕入れもぼちぼちできました。

しかし特別珍しい本は、なかったですね。

帰り道は、仕入れもできたので、足取りも軽く、違う道を歩いてホテルまで。

「明日は、早く起きないとね」と、明日の準備をして、眠りにつきました。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です