【せどりの情報発信】セット本せどらーがnoteを書く!

まもる
こんにちわ。まもるです。

ツイッターを見てると、noteが最近流行ってる?

noteって一体???

今日は僕もnoteを書いてみようと思った話と、設定の話です。

また書いたら、それも記事にします。

せどりの情報発信

noteとは?

noteって一体何?

noteは、一言で言うと、ブログみたいなものですね。

文章を書いたり、イラストや図を投稿したり。

ブログと違うのは、1記事を有料にできるという事。

途中までは、無料にして、途中から有料に設定したり。

これは面白い仕組みです。

noteを購入してみた

キメラゴンさんという中学生で大活躍されてる方のnoteを購入してみました。

noteの内容は、ごく普通の中学生活を送っていた頃から、ネットビジネスでどうやって稼いだのかという軌跡が書かれています。

ツイッターの活用方法は、具体的で即役に立つ内容でした。

価格は、今は1万円近くになってますが、僕が購入した時は900円程でしたので、ビジネス書1冊購入するよりもお得な価格でした。

内容にも興味がありましたが、noteって一体どんなものだろう、とnoteを知るためという理由が大きかったです。

また決済は、どうなるのかな?と思ってたら、携帯料金と一緒に決済できるんですね。

これは、簡単。

せどりの情報発信

noteは、せどりの情報発信にも一役買うでしょう。

設定をやってみたところ、めちゃくちゃ簡単でした。

10分もかかってません。

僕は、情報発信なら、WordPressでブログを書くべき!と思ってますが、WordPressの設定が最初はなかなかのハードルです。

とても10分どころか、2日、3日かかってもおかしくないです。

またWordPressは、設置した後も、色々と細かい設定もありますし、なにより、サーバー代や、ドメイン、有料テンプレの購入など、資金もかかります。

ブログは、ハードルが結構高いんですよね。

それに比べて、noteは非常に設定が簡単で無料。

文章を書く練習には、もってこいですね。

セット本せどらーがnoteを書く!

noteを書く理由

さて、僕はブログをすでに書いてるのに、なぜnoteにも書こうと思ったのか。

いくつか理由があります。

①noteからのSEO対策

要するに、noteから僕のブログを知ってもらいたいという事です。

②リスク分散

プラットフォームに依存してると危険という話を聞いたことがありますでしょうか?

もしツイッターのアカウントが削除されたら。

ブログが削除されたら。

YOUTUBEが削除されたら。

ツイッターだけしかやってない場合、フォロワー数をコツコツ3000人、5000人に増やしてきても、ある日突然、ツイッターのアカウントが削除されてフォロワー数が0になってしまったら、目も当てられないですよね。

そうなったときに、他にも情報発信のチャンネルを持っていれば、最悪の状況は回避できます。

投資の格言に、

卵は1つのカゴに盛るな

という言葉があります。

リスク分散です。

③とにかくやってみる!

noteって書いたほうがいいのかな?

書いて効果はあるのかな?

やったほうがいいのかな?

1時間考えても、1日考えても、1年考えても答えは出ません。

ならば、とにかくやってみるべし!

無料ですし、やってみて、誰にも読まれなかったとしても損はしません、手間がかかるだけです。

行動せずに、ずっと悩んでるんだったら、とりあえずやってみる!

この考えが大事なんじゃないか、と思います。

やってみたら、とにかく結果は出ます。

noteの設定方法

という事で、とりあえず設定やってみました。

まずは、noteのIDを登録します。

そして、プロフィールの設定。

僕は、ツイッターのプロフィールとほぼ同じにしました。

そして早速記事を書く画面に。

ここで、記事を無料か有料か選択できます。

試しに、有料に設定をしてみると、

金額の設定と、返金を受け付けるかどうかという選択に。

返金は、受け付ける選択をすると、24時間以内なら返金ができる場合があると記載されていました。

セット本せどらーの書くnoteとは

設定もあっという間に終わったので、少しずつ書いていこうと思います。

書く内容は、、、

もちろんせどりの話。

ですが、心理学の話も書いていきます。

せどり×心理学

巷に出てる自己啓発書・ビジネス書の類は、極論、

①モチベーションアップ

②コミュニケーション

の話ばかり。

モチベーションとコミュニケーションがいかに重要か分かります。

そしてそれは心理学を学ぶことによって身につけられる技術(テクニック)だと思ってます。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です