せどりの初心者でも、情報発信をするべき5つの理由

まもる
こんばんわ。まもるです。

せどりを始めたら、挑戦してほしいことがあります。

それは、情報発信です!

「え?何言ってんの?まだせどりを始めたばっかりなんだけど」

はい、大丈夫です。

せどりを始めたら、情報発信も始めましょう!

今日は初心者さんでも、情報発信をするべき理由を5つお伝えします。

せどり初心者でも情報発信

そもそも、せどりの情報発信って?

「情報発信ってよく聞くけど、いったい何をするの?」

こんな声が聞こえてきそうですね。

僕も、せどりをやってて情報発信って最初からできませんでした。

何をすればいいのか分からなかったからです。

今思うと、すごくもったいなかったなぁ、と思います。

さて、情報発信っていったいなんでしょうか?

情報発信とは、あなたが持ってる知識やスキルを世間に発信することです!

例えば、あなたが毎月20万円、40万円と稼ぐことができたとします。

その方法を教えることができたら、充分発信できます。

初心者には、無理?

毎月20万円!?

「いやいや、やっぱり始めたばっかりの人は情報発信できないでしょ!」

いえいえ、そうでもないんです。

例えば、YOUTUBEで稼いでるユーチューバーって、みんなすごく売上が大きい人ですか?

特殊なスキルを持ってる人ばかりでしょうか?

そうじゃないですよね。

もちろん、すごい特技を持ってる人もいれば、普通の人もいます。

何故、普通の人でも、発信できるんでしょうか?

それは、ニーズがあるからです!

その動画を見たいお客さんがいるからです!

せどりの情報発信でも、同じです。

あなたのブログを見たい!

あなたの意見を聞きたいという人は、きっといます!

情報発信は、何も売上だけではありません。

自分の強みを見つけて発信すればいいんです。

せどりと情報発信は相性がいい

情報発信するには、ネタがいります。

ブログなら書く材料、YOUTUBEなら撮る材料です。

芸能人でもない、一般人が会社と自宅の往復の生活だと、書くことがないんじゃないか、と思いますよね。

ところが、せどりをやってたら書けます。

せどりをやってみたい!という人はすごく多いからです!

その人に向けて、書くんです。

始めてAmazonの登録をやってみて、困ったことや、分からなかったこと、失敗した事。

あなたが、困ったことや、分からないという気持ちは、他の人も同じです。

あなたが困ったことを、解決した記事を書けば、見た人の役に立ちます。

ありがとう!という気持ちになります。

あなたのファンになってくれるかもしれません。

読者になってくれるかもしれません。

情報発信するべき5つの理由

①キャッシュポイント作り

では、いったい何のために情報発信をするの?というと、一番の理由としては、収入源を増やすということでしょう。

せどりだけで稼げたらいいじゃないか、と思うかもしれませんが、収入の柱はいくつか持っておいた方がリスクヘッジになります。

僕は、セット本せどりをする前は、雑誌や単行本がメインでした。

ところが、ブックオフの価格がAmazonに合わせられて、仕入れにくくなりました。

Amazonの手数料や配送料の値上げもありますし、急なAmazonの規約変更などにも対応しないといけません。

②情報発信は時間がかかる

情報発信は、すぐに稼げるようになるわけでは、ありません。

せどりなら仕入れてすぐ売れれば、Amazonなら2週間で入金されます。

しかし、情報発信は、ブログを書いてすぐに稼げるわけではないので、まだせどりで稼げてないうちから書いておいたほうがいいです。

③書いていれば、上達する

早くから書いておいたほうがいい理由としては、文書を書くのに慣れる必要があります。

せどりで売り上げが大きくなっても、文章力はあがりません。

逆に、売上が低くても、すごくわかりやすく説明されてるブログ、役に立つブログなら読まれます。

せどりの売り上げと、情報発信は、また別の能力ということです。

④初心者のブログには、ニーズがある

「そうは言っても、初心者のブログなんて読む人いるの?」

はい、います。

せどりをやった事がない人にとっては、あなたは、先輩です。

会社で新人さんが入ってきたら、先輩として教えますよね?

特別なスキルがなくてもいいんです、分かりやすく教えてあげればいいんです。

まだせどりをやったことがない人、やってみたけどうまくいかない人を対象に書けばいいんです。

上級者向けに書く必要はありません。

どんな業界でも、上級者がかなり少なくて、初心者が圧倒的に多いです。

仮に、せどりの上級者が5%、中級者が20%、初心者が75%とします。

一番多いのは、誰でしょうか?

初心者ですよね!

ということは、初心者向けに書くのが一番ニーズがあると思いませんか?

⑤情報発信は、ライバル不在!?

「じゃあ、上級者も初心者向けに書くんじゃないの?」

実は、そうでもないんです。

そもそも情報発信をしてる人が凄く少ないです。

せどりをやってる人でも、数%ぐらいでしょう。

100人いたら、5人ぐらいかもしれません。

そして、「せどり」と一言で言っても、新品や中古、店舗せどり、電脳せどり、都会住み、田舎住み、車あるなし、年齢、得意ジャンル。。。

と、言い出したら、きりがないぐらい千差万別です。

また、同じことを書く場合でも自分の意見を言うことによって、全然変わります。

もともと情報発信をやってる人が少ないうえに、さらに「個性」を出すことによって、ライバル不在の唯一無二の存在にもなれるのです。

新品せどりをやってたら分かると思いますが、差別化しようと思ったら、価格を下げることだけですよね。

Amazonせどりをする場合、差別化というのはなかなかできないですが、情報発信ではそれが可能です。

これは、非常に魅力的ですよね。

ぜひ、あなたも情報発信に挑戦してみてくださいね(*^▽^*)

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です