セット本の梱包は、全巻名人?oppフィルム?検証してみた。

まもる
こんにちわ。まもるです。

セット本せどりの梱包ってどうやってますか?

僕は、前までoppフィルムを使ってました。

しかし全巻名人を使ってみてすごく使いやすかったんでシェアしたいと思います。

セット本の梱包方法

セット本せどりは、作業が多い

セット本せどりをやってない人からすると、梱包方法ってそんなに語るようなものなの?って思うかもしれません。

セット本せどりは、おすすめポイントが多いですが、デメリットももちろんあります。

その1つが、作業が多いといういこと。

仕入れから出荷(納品)まで、とにかく作業が多い。

シールはがしや、クリーニングは、僕は外注化をしてます。

人にお願いしてます。

自分で全ての工程をやってると、とても作業が多くて、大変です。

まずは、家族・知人の方にお願いできないか、交渉してみるのがおススメです。

全巻名人かoppフィルムか

 

さて、セット本の梱包方法のお話です。

僕は、今まで、oppフィルムを使ってました。

しかし、全巻名人が凄く使いやすそうと思って、購入してみました。

使ってみると、めっちゃ使いやすい!

そこで、セット本せどりの梱包方法は、全巻名人がいいのか?oppフィルムがいいのか?

徹底検証してみたいと思います。

はだしのゲンで検証

検証は、はだしのゲンの文庫コミックでやってみます。

定番のコミックですね~。

全巻名人

全巻名人とは

全巻名人は、セット本専用の梱包用品です。

サイズは4種類販売されてます。

僕はAmazonで購入しました。

価格

・文庫サイズ 20枚 596円
(文庫本用)

・新書サイズ 20枚 564円
(少年・少女コミック用)

・B6サイズ 20枚 475円
(青年コミック用)

・A5サイズ 20枚 623円
(完全版コミック用)

1枚あたり30円ぐらい。

送料は別なので、まとめて購入した方がお得です。

あと、100枚の方が安いので、次は100枚で購入します。

梱包方法

文庫版の全巻名人を用意します。

文庫本にピタッとあてて、メモリを確認。

メモリは、17でした。

17のハサミのマークがあります。

そこにハサミを入れて切ります。

左のカットした分は、不要なので捨てます。

右の分を使用します。

まずは、1冊入れます。

1冊いれたら底が完成します。

次々に入れていきます。

全部入れ終わったら、真ん中をテープで止めます。

片側ずつ三角おりにテープどめ。

もう一方もとめて、完成です。

所要時間は、1分もかかりません。

手先が不器用な僕でもこんなにきれいにできます。

oppフィルム

oppフィルムとは

よくデパートで、ラッピングやってるのを見かけると思います。

ああいう、透明のビニール素材の梱包用品です。

全巻名人と違って、セット本だけでなく、雑誌や単行本、その他なんでも梱包できます。

形を自由に変更できるので便利です。

価格

500mm×50mのoppフィルム 1680円です。

全巻名人は、1枚30円でしたので、1680円だと、56セット分の価格です。

50セット以上は梱包できるはず、100セットぐらい梱包できるかもしれません。

価格は、oppフィルムの方が安いと思います。

梱包方法

oppフィルムを広げて、その上にコミックを置きます。

左側を少しスペースとって置きます。

右側も少しスペースを取って、ハサミで切っていきます。

巻いて、上をテープでとめます。

片側の真ん中をテープでとめます。

三角おりにしてとめます。

もう片方も同じようにします。

逆側も同じようにしたら、完成です。

1分超えるぐらい、かな。

慣れてくると、速くなってきます。

セット本の梱包方法は?

結論

今回、梱包を7冊完結の文庫コミックでおこないました。

スピードは、小さい文庫だとさほど変わらないかな、と思いました。

しかし、その後、少女コミック・完全版コミックをやってみると、かなり楽でした。

僕の感想としては、

でかいセット(完全版・20巻、30巻などのコミック)の場合は、全巻名人の方がかなりスピードが速かったです。

また、oppフィルムの場合、グシャグシャになったり、うまく巻けない、と慣れるまでは面倒です。

しかし、全巻名人は、慣れてなくても、きれいにサッとできるので、初心者さんにおススメです。

梱包は、せどりをやってたら、ずっとつきまとう作業なので、ぜひどちらも試してみて自分がやりやすい方法でやってみてほしいと思います。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です