セット本せどりの3つリスク!利益率は30%を目指そう!

まもる
こんにちわ。まもるです。

今日はセット本せどりのリスクの話をします。

大きな3つのリスク。

そしてそれの対策は、利益率30%以上!

これを仕入れ基準にしましょう!

今日は、とことん数字の話です。

セット本せどりの3つのリスク

セット本せどりの特徴

まずセット本せどりの特徴について改めて考えてみます。

セット本せどりは、1冊108円から仕入れられ、何冊かセットにして高く売る。

低資金で利益率が高いことが特徴です。

リスク面から考える仕入れ基準

「〇〇のセットがいいって聞いたけど、これは仕入れてもいいんだろうか??」

「いったいどうやって仕入れ判断をすればいいのか?」

仕入れ基準については、前に書きました。

「仕入れ基準」

①状態が良いか、可で出品するか判断する。

②他の出品者を見ていくらで売るか確認する。

③利益計算をして、利益率30%ぐらいあるか確認する。

④モノレートを3か月、12か月で見て、ちゃんと売れてるか確認する。

今回は、この利益率について、なぜ30%なのか?

利益率が下がると、どんなリスクがあるのか?

考えていきます。

利益率の計算方法

そもそも利益率は、どうやって計算するのか?

利益率は、利益÷売値×100 です。

利益は、売値-Amazon手数料-仕入れ値 です。

これだけでは分かりにくいので具体例を出します。

この家栽の人の文庫コミックで例を出します。

正確な数字を出すのは、FBAシュミレーターがいいですが、パソコンでないと見づらいです。

仕入れ先では、全巻君で計算するのが簡単です。

赤枠のところに、仕入れ値と販売価格を入力します。

これで、利益と利益率が出てきます。

利益率30%、10%

それでは、なぜ利益率30%以上がいいのか、10%の場合と比較してみます。

①利益率30%の場合

仕入れ値 1000円

入金額 1789円

利益 789円

②利益率10%の場合

仕入れ値 1500円

入金額 1789円

利益 289円

利益率11%になってますが、約10%で計算します。

同じ入金額の1789円ですが、仕入れ値が1000円で利益が789円、仕入れ値が1500円で利益が289円になってます。

それでは、ここから3つのリスク面から判断していきます。

①売れ残りのリスク

せどりは、物を仕入れて売るビジネスですので、どうしても売れ残りが発生します。

どんなに仕入れ基準を厳しくしても、どれだけ価格を下げても売れ残りは必ず発生します。

100%売り切るのは、無理です!

そこで、売れ残った場合、利益率が30%と10%で、どう違うのか比較してみます。

先ほどの、家栽の人を月に100セット仕入れたと仮定します。

そして売れ残りが20セットとします。

30%の場合

仕入れ値 1000円×100= 10万円

入金額 1789円×80= 143120円

利益 43120円

10%の場合

仕入れ値 1500円×100= 15万円

入金額 1789円×80= 143120円

損失 6880円

仕入れたうちの8割を販売したところ、30%では、約4万円の利益。

仕入れ資金10万円で4万円の利益です。

いいですね(*^▽^*)

それに比べて10%の場合は、なんと損失、マイナス6880円でした!

計算してみると、85個販売したとして、

1789円×85=152065円 と、ここでようやく+2000円です。

利益率10%だと、85%以上売り切らないと赤字です。

これは、かなり苦しいですね(; ・`д・´)

②値下がりのリスク

せどりで値下がりのリスクは、避けられません。

出品者は、自分だけではないからです。

他の出品者も早く売って資金を回収したいと思ってます。

価格を下げてきます。

そうすると、最初の販売予定価格よりも、下がります。

そこで、値下がりのリスクも、30%、10%で比較してみます。

先ほどと同様に100セット仕入れて、289円値下がりしたと想定します。

今回は、全て売りきった場合です。

30%の場合

仕入れ値 1000円×100= 10万円

入金額 1500円×100= 15万円

利益 5万円

10%の場合

仕入れ値 1500円×100= 15万円

入金額 1500×100= 15万円

利益 0円

30%の場合は、289円の値下がりでも、5万円の利益です。

10%は、利益が0円です。

10%だと、値下がりは、かなり厳しいですね。

③未コンプのリスク

セット本せどりは、バラで1冊ずつ集めて出品するせどりです。

そのため、どうしてもコンプできないものも出てきます。

これも30%と10%で比較してみます。

同様に100セット分仕入れて、15個分がコンプできなかったとします。

30%の場合

仕入れ値 1000円×100= 10万円

入金額 1789円×85= 152065円

利益 52065円

10%の場合

仕入れ値 1500円×100= 15万円

入金額 1789円×85= 152065円

利益 2065円

30%の場合は、利益が5万円ですが、10%だと利益が2000円しかないですね。

利益率30%を目指そう

利益率が低いのは、リスク大!

いかがでしたでしょうか。

利益率が高いと、リスクが低くなると実感してもらえたと思います。

30%と10%は、ちょっと極端ですけどね(;^ω^)

リスクは同時にやってきます。

売れ残るし、下がる。

しかもこの利益は、商品だけの事なので、ここから送料や梱包費用、税金などもかかってきます。

個人的には、利益率が低いけど利益が大きい商品は、たま~に扱うぐらいでちょうどいいと思います。

利益率10%ぐらいの商材は、メインで扱うには厳しいです。

しかも、せどりを始めてそれほどたってない初心者さんには、おススメできません。

利益率30%にするには

利益率を高くする方法としては、色々あります。

仕入れ値を安くする。

セールを活用。激安ショップを見つける。

利益率が高いセットを仕入れる。

利益率が40%超えてくるような本も扱う。

なるべく高く販売する。

外伝やファンブックをつけて、コレクターで出したりする。

自己配送も取り入れる。

販売価格が2000円以下の商品は自己配送の方が利益率が高いです。
※ただし、送料に注意。

利益率30%以上が指針

リスクを避けるには、利益率をあげる!

仕入れ判断をする時の一つの目安として、利益率30%以上!

これを徹底しましょう。

利益率が低すぎるものは仕入れない。

これだけで、かなり仕入れ判断がしやすくなるはずです。

利益率30%以上のルールを順守していれば、大きな損はしないと思います。

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です