セット本せどりの仕入れ同行!守破離(しゅはり)とは!

まもる
こんにちわ。まもるです。

先日、仕入れ同行で兵庫県へ行ってきました。

今回ご参加頂いたのは、Yさんです。

では、早速、今回の同行の一部始終をご覧ください。

セット本せどりの新たな取り組みについても書いてみました。

セット本せどりの仕入れ同行

Yさん

Yさんは、大阪南部にお住まいです。

何年も前に、単行本せどりを少しやってたという事ですが、なかなか仕入れがやりにくくなった。

セット本もやってみたけどうまくいかない、という事でした。

僕も、元々本せどりからスタートしたので、会話が弾む、弾む♪

「当時は、ワンデークーポンがあって、、、」

「あぁ、懐かしい、あの時はよかったですねぇ」

なんて、まるで十年来の旧友と話してる様でした。

「ブックオフで他のせどらーさんを見かけた時に、話しかけようか、話してみたいけど、、、」

すごく気持ち分かります。

僕も、せどりを始めた当初は、1人でやってたんで、孤独でした。

他の人は、いったいどんな物を仕入れてるんだろう?

どんな仕入れ基準?

どれぐらい売れてるの?

聞きたいこと、話したいことがいっぱい。

ブックオフでせどらーさんを見かけたら、勇気を振り絞って話しかけてみようと思いつつも、いつも話しかけられず、自宅で作業しながら、YOURUBEでせどりの動画を見る日々でした。

今思えば、もっと早くせどりのコミュニティとか入っとけばよかったんでしょうけども。

・・・

あぁ、話がそれましたね。

さて、Yさんは大阪南部にお住まいですが、古本市場にまだ行った事がない、という事だったので、「じゃあ兵庫県に行きませんか?」と提案。

Yさんの自宅の近くで待ち合わせして兵庫県へ向かいます。

おもむろに、袋から缶コーヒーを2本取り出し、

「どちらがいいですか?」

と、Yさん。

「じゃあ、ブラックで」

と、僕。

Yさんからの差し入れ、気持ちが嬉しい(*^▽^*)

移動中

仕入れって移動時間もそれなりに長いです。

半分ぐらいとまではいかないですが、まぁ、3時間ぐらい。

その時間も、なるべくムダにしたくないんで、なるべくお話。

なるべく質問に答えたり、分からない事、聞きたいこと、ノウハウ的な部分、自分の体験談など話してます。

Yさんは、たくさん質問してくれたんで、僕も嬉しくて、たくさん話しました。

また、Yさんの仕入れに行ける頻度、在庫スペースなども確認。

仕入れるべきセットも人によって変わってきます。

カゴ山盛り

1店舗目のブックオフに到着。

少し道が混んでましたが、Yさんとの会話は途絶えず、ブックオフに着く前から、満足して頂いてた様子。

僕からすると、もういつもの光景。

ですが、Yさんは、

「こんなに仕入れられるとは、、、いや凄いです」

と感心して頂けました。

嬉しいですね。

仕入れ同行の流れ

最初は、全巻君の解説、棚のみかたなど。

出品、出荷方法などとにかく解説。

そして、リストをどんどんお伝えしながら、カゴに入れていく。

Yさんが全巻君で、抜け巻を登録してる間に、僕が棚を眺めて、仕入れられるセット本を抜き取ってYさんに渡す。

Yさんが全巻君で登録してる間に、僕がまた探す、という流れ。

昔の餅つきの、餅をつく人、こねる人といった具合です。

お昼

お昼は、ラーメン、ではなくカレー。

「甘口、量は普通で」

僕は、辛い物は苦手なんです。

いや、そんな話はYさんとはしてませんがね。

そんな事より、せどりの話。

大の大人が、目を輝かせて熱く2人で語ってる。

(何かの趣味の友達かな、、、)

店員さんの目には、そう写ったかも。

仕入れ同行終了

夜もひっぱれ~って、昔そんなテレビがありました。

「Yさん、あと1店舗行きましょう」

そう言って、最後のブックオフへ。

最終、ブックオフ・古本市場で合計9店舗。

せっかく僕に頼ってきてくれたので、なるべく多くのお店に行きたい、なるべく利益商品を持ち帰ってもらいたい、なるべく多くの事を学んでもらいたい。

いつもそういう思いです。

正直、体は疲れますが、喜んでくれたら、心地よい疲労感、達成感です。

感想

Yさんから感想を頂きました。

僕も楽しくて、充実した1日でした。

Yさん、ありがとうございました(*^▽^*)

セット本せどりの守破離とは

守破離

守破離(しゅはり)と言う言葉は、どの業界にもあてはまるのですが、意味は、まず先生・師匠から型を学ぶ。そして、型を破る(自己流にアレンジするといいましょうか)。師匠から離れる(新たな技術を創造していく)、という意味です。

少し解釈間違ってるかもしれませんが、そんな感じですw

最初から自己流とは、また違います。

それは形なしと言います。

形なし、と型破りは違います。

セット本せどりにあてはめると

「いきなり国語の話ですかい?まもるさん。あっしは、せどりの話が聞きたいんでやんすよ。」

いや、せどりの話なんでやんすよ。

セット本せどりって基本は、バラ1冊で集めてコンプしてセットにして売る。

これが基本です。

『守』の部分ですね。

最終巻とか、なかなかないから、まずは最終巻あたりの後半から集めましょうね~。

セット本のリストを知る。

これが基本です。

しかし、「セット本、集められてますか?」

「なにを言うんだい、おまいさん。それがセット本せどりってもんだろう」

そうなんです。

しかし実際、せどりの初心者さんから、「セット本なかなか集まりません」、という声があるのもまた事実。

僕も、集められていないセットがあります。

それも1つや2つでは、ありません。

なんとかなるまいか。

仕入れ同行や、スクールでは、なるべく集まりやすいもの、最終巻からとは、口を酸っぱく伝えてますが。

口の中に、青色のリトマス試験紙を放り込んだら、赤色になるってね。

まぁ、しかし集まらないものも出てきますよね。

そこで!

さぁ、そこでです。

『破』の部分です。

セット本の型を破ろうではありませんか。

セットにしないセットです。

???
セットにしないセット?

1冊カカリ売り

セット本せどりの中には、最終巻が高額になってるコミックがあります。

1冊800円ぐらいのものから、高い物なら、2000円、3000円、4000円と。

そんなものを仕入れたらいいのでは?

それなら、コンプできない悩みはもうありません。

ただ、そうそうポンポン仕入れられるものじゃあないんですが。

しかし知らなければ、スルーしてしまう。

それは、もったいないですよね。

特装版コミック仕入れ

コミックにCD、DVDがついてるものを特装版コミックと言います。

少し分厚いです。

この日も、特装版コミックを仕入れました。

その数、5個。

「なんだよ、5個ぐらいで自慢すんじゃねーよ」

いやいや、5個でも利益額で言えば7000円は固いんですよ。

ちょっと自慢もしたくなるってもんです。

この特装版コミックは、前に僕が販売した事があるんです。

それと同じタイトル。

ははーん、これは!

ピーンときました。

そして、アマコードで検索してみたら、思った通りです。

守破離リスト

『離』 新しい創造。

もちろん、1冊バラから仕入れてセットにするセット本せどりを基本としてこれからもやっていきます。

それを土台に、新たな取り組みとして、セットにしないセット本せどりをやっていこうという話です。

近日中に、守破離リストを作成します。

どんどんどんどん、ヴァージョンアップしていきます。

守破離リストの中身は、

・1冊カカリ売りのコミック

・特装版コミック

・1冊高値コミック(カカリではない)

・雑誌・単行本

などです。

また、集まりやすいセット(やっとけリスト)や、すごく集まりにくいセット(やめとけリスト)なんかも作りたい。

ネーミングセンスがひどいw

ではでは(^^)/

追伸

「守破離」のネーミングは、セット本せどりの師匠である、いとらーさんのアドバイスによるものです。

「まもるさんにピッタリの言葉ですよ!」と。

本当にありがたい!

「守破離」という言葉、大事に使わせていただきます。


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です