セット本せどりの仕入れ方 仕入れ基準

まもる
こんにちわ。まもるです。

今回は、仕入れ基準です。

セット本せどりの仕入れ基準

状態によって良いにするか可にするか

前回は、セット本の仕入れ方の基本でした。

今回は、仕入れ基準。

利益が出ない物や売れない物を仕入れても仕方がないので、仕入れ基準を明確にします。

家栽の人の文庫コミック。

こちらで、検証してみましょう。

1冊108円で仕入れて、10冊で1080円。

仕入れ値は1080円です。

まずは、セットコミックの状態を良いで出せるのか、可になってしまうのか、判断します。

良いの方が、可より高く出品できますからね。

良いの出品

僕は、ほとんどが良いで出してます。

非常に良いは、あまり出してないです。

焼けが少しある(少し茶色)

全体的にきれいな場合です。

可の出品

可は、焼けが強い(こげ茶)

折れ跡、少し破れがある。

僕は、1冊だけ焼けが強くても、他がきれいなら良いで出してます。

セット本の場合、1冊じゃなく全体的に判断してます。

良いで出すか可で出すかは、結構人によって違います。

評価が少ないうちは、焼けが目立つと、無難に可にしたほうがいいかもしれません。

また、写真を撮って出品すると無難です。

他の出品者をチェック

次に、他の出品者がいくらで販売してるか見てみます。

他の出品者の見るべきポイントは、

価格

何といっても価格は大事。

価格がかけ離れ過ぎてたら売れません。

評価

評価が90%以下とかかなり悪い評価の出品者もいます。

そういう出品者はライバル視しなくてもいいでしょう。

コメント

レンタル落ち。ネットカフェ落ちのコメントがあるかどうか。

自分の出品がそうでない場合、優位になりますね。

コメントでも優位になれるか見てみます。

写真

写真をつけたほうが売れやすいです。

FBAか自己配送か

自己配送よりは、FBAのほうが安心・配送も早いので売れやすいです。

今、FBAなら4000円で売れそうです。

利益計算

さて、では利益計算をしてみましょう。

全巻君には左側に手数料計算機がついてます。

これは、めっちゃ便利なのでどんどん使いましょう。

この場合は、入金額が2932円、利益が1852円です。

1852円利益が出るなら、充分です。

Amazonの手数料は、この場合3種類あります。

①カテゴリー成約料 80円(固定)

②販売手数料 15%(変動)

③FBA配送手数料 419円(固定)

これに小口出品の場合は、1つ売れるごとに100円かかります。

①と③の手数料は金額が固定されてます。

ということは、販売単価が低くなればなるほど手数料の割合は高くなっていきます。

販売価格の目安

最初のうちは、利益計算がすごくややこしいです。

Amazonがわざと分かりにくくしてるんじゃないかって言うぐらい分かりにくいです。

そこで、ちょっと目安の販売価格を提案しますね。

ざっくり言うと、仕入れ値の3倍以上がおススメです。

※入金額は、Amazonの手数料を引いた金額です。

①FBA2000円で販売の場合

入金額1200円

ここから仕入れ値を引きます。

仕入れ値は600円ぐらいにおさえたいところ。

②FBA3000円で販売の場合

入金額2000円

仕入れ値は、1000円までにおさえたいところ。

③FBA4000円で販売の場合

入金額2900円

仕入れ値は、1500円までにおさえたいところ。

利益が出ればいいんですが、値下がりリスクや、売れ残りリスクも考えると、あまり薄利は考えものです。

アマコードプロ

仕入れの判断の時に、実際に売れてるかどうか、アマコードプロで判断します。

見るべきポイントは、中古にして、期間を3か月と12か月で見る。

価格の動き。

ランキングがギザギザに動いてるかどうか見ます。

ギザギザが全くなかったり、動きが少なすぎたら仕入れません。

ではでは(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です