セット本せどりの外注化!シールはがしやクリーニング!

まもる
こんにちは。まもるです。

セット本せどりをやってると、シールはがしとかクリーニングが大変になってきませんか?

シールはがしや、クリーニングを人に頼めたら楽になりますよね。

そこで、今日は、セット本せどりの外注化のお話です。

セット本せどりの外注化!

家族や友人に頼む場合

見ず知らずの人に頼むよりも、まずは家族や、知人・友人に頼む方が気軽です。

特に家族の場合は、在庫が自宅にあるので、在庫を移動せずに、お願いする事ができます。

僕の場合も、まずは家族にお願いしました。

他人に頼む場合

量がかなり増えてきたので、家族から、『就労支援センター』という所にお願いする事にしました。

就労支援センターとは、障がい者の方たちが働いてる作業場です。

各都道府県にあって、インターネットで『就労支援センター』と検索すると出てきます。

就労支援センターにお願いする場合は、こんな流れになります。

①担当の方とアポを取って実際に会います

②1冊あたりいくらの契約書を交わします。

(僕の場合、単価は、1冊12円でした。)

③本とシールはがしの道具一式を持参して、実際に見てもらいながら、説明。

④シールはがしの道具一式、ダンボールやコンテナに入れて渡す。

⑤納品書に、200冊とか納品数を書いて、ダンボールと一緒に渡します。

(100均で買った納品書)

⑥完了の連絡をもらったら、取りに行って次のお仕事をお願いします。

家族と他人とどちらに頼むべき?

僕の場合は、最初家族に頼み、量が増えてきたので、就労支援センターに頼みましたが、1年程経過し、再び家族に頼む事にしました。

変更した理由は、セット本の仕入れ量です。

大量に仕入れてた時は、週に2回ほど就労支援センターに持ち込んでいたのですが、量が少なくなると、わざわざ持ち込むのが手間だったり、なかなか完了の連絡が来なかった時もあり、だんだんと不便になってきました。

大量じゃない限り、家族に頼む方が融通がきいていいです。

家族にお願いする場合も、せどりで出た利益を還元したり、何かプレゼントしたりする事で、家族から反対もされにくいと思います。

シールはがしやクリーニング

セット本の作業フロー

①仕入れ

②シールはがし

③クリーニング

④梱包

⑤FBA納品手続き

これが、セット本の作業です。

シールはがしや、クリーニングは簡単な作業なので、誰でもできます。

誰でもできる作業は人にお願いして、その分リサーチや、仕入れに時間を使う方が有効です。

ではでは(^^)/

本せどりに関するご質問などは、こちらまで。

友だち追加

ID 「 @viy9662k 」 で検索頂いても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です