仕入れ遠征の魅力を3つご紹介!見込み利益はどれぐらい?

まもる
どうも、まもるです。

今日は、僕の大好きな仕入れ遠征の魅力を3つご紹介します!

これを見れば、きっとあなたも仕入れ遠征に行きたくなるはず!

気になる遠征の費用や見込み利益の事も書いてます。

仕入れ遠征の魅力

去年、僕は関西圏(大阪、兵庫、奈良、京都、滋賀)と岡山、愛知に行きました。

今年は静岡まで行ってみようと思ってます。

①観光ができる

去年訪れた岡山県。

岡山城の隣の後楽園と、倉敷美観地区です。

最高に景色がきれいでした!

倉敷の閉店セールの時に、一泊二日で行きました。

ふくろうカフェにも寄ってみました。

ふくろう可愛かったです( *´艸`)

岡山と言えば、桃ですよね!

僕は桃のパフェ、彼女はイチジクパフェを堪能しました。

古民家カフェに行ってみたり。

ここは囲碁の碁盤があったり、本が読めるスペースがあったり、面白いお店でした。

宿泊先は?というと、愛知県では2800円のカプセルホテルに泊まりました。

なんとモーニング付き!

カリカリに焼いたトーストと、アイスコーヒーが美味かったです。

どうですか?

ただの旅行やんか!

って思いましたか。

いえいえ、ちゃんと仕事してますよ(*^▽^*)

観光地は、夕方になると閉まっちゃう事が多いんです。

そのため、仕入れ遠征に行ったときは、朝からお昼すぎにかけては観光。

昼過ぎから、がっつり仕入れをやってます。

そして、その仕入れもすごく楽しめます。

はっきり言って、遊びながら稼いでる感覚ですw

②仕入れが楽しめる

遠征先の仕入れは楽しめます。

同じブックオフでも外観も違えば、室内も違う。棚も品ぞろえも違う。

すごく新鮮な気持ちで仕入れができます。

行った事のないお店に行くと、すごくワクワク。

ここは、どんな感じかな?いっぱい仕入れられるかな?

まるで冒険、宝探し感覚。

せどりって、すごく楽しいものなんだなって思い出させてくれます。

③稼げる

そして何より稼げます。

たくさん仕入ができます。

今まであまり見かけた事がない本や、コミック。

地元ではなかなか見つからないコミックの後半なんかも、しれっと置いてあったりします。

そして、また仕入れられるリストが増えます。

こんなお宝コミックに出会えることも、しばしば。

見込み利益

さて、仕入れ遠征がすごく楽しめるのは、伝わったかな、と思うんですが肝心の見込み利益はどうなんだ?って思いますよね。

見込み利益は半日で3万円以上です。

一泊二日だと、約6万円以上ですね。

(雑誌・単行本で約30冊以上×1冊1000円の利益で計算)

と、セット本。

セット本は、コンプしていないと見込み利益の計算がしにくいんですよね。

遠征の費用

見込み利益に対して、遠征にかかる費用と言えば、なんでしょう。

交通費や宿泊費ですよね。

ガソリン代 8000円(2回)

高速料金代 約8000円

宿泊費 2800円(カプセルホテル)

合計 18800円(約2万円)

(愛知の時)

最終の見込み利益は?

見込み利益は、約6万円-約2万円=約4万円ですね。

もちろん、仕入れはうまくいく場合もあれば、なかなか厳しい場合もありますし、仕入れた本が全て売れるわけではありません。

それでも、充分利益は出ますし、なにより楽しめてレベルアップできます。

ぜひ、あなたも一度仕入れ遠征をしてみては、いかがでしょうか?

ではでは(^^)/


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です