タダほど恐い物はない!?数百万円損した話。

今回は、前回の続きです。

前回、自己投資の重要性をお伝えしました。

前回の記事は、こちらです。

本せどりの自己投資!プロフィットせどり2は1日で元が取れる!?

ですが、こんな僕もせどりを始めてから、つい最近までタダでなんでもすませてきました。

その結果、多くの時間と、稼げたであろう多くのお金を無駄にしてしまいました。

僕の黒歴史

僕が、せどりを本格的に始めたのは、3年ほど前です。

当時は、せどりのブログを読んで実践。

教材などは購入せず、自己流でやってました。

その結果、店舗に行っても仕入れられない事が多く、時間を無駄にしました。

また、当時はプライスターも使ってなかったので、価格改定もほとんどせず、不良在庫を抱えてしまったりもしました。

その結果、数百万円は損したと思います。

せどりを始めて、いきなり毎月10万円稼げれば、年間120万円ですからね!

毎月数万円のお小遣い稼ぎ程度で、ずっとせどりをやってるのは、ほんともったいないと身をもって体感しました。

タダほど損をする!?

では、タダでせどりをした場合と、有料にした場合のメリットとデメリットを書いてみます。

タダのメリット

・タダ(当然ですがw)

タダのデメリット

・なかなか仕入れができない。成長が遅い。

初心者の場合、まずどこから見ていいのか、見るべきポイントが全く分かりません。

そのため、仕入れに行っても、なかなか仕入れられず稼げません。

また、とにかく本を調べても、なかなか成長しないです。

なぜその本を調べようと思ったのか、ある程度根拠がないと、ずっと同じようにやみくもに検索し続けることになります。

・不良在庫を抱えてしまう

本の値段って結構上下に動きます。

株みたいなんですね。

そのため、プライスターとか、価格改定ツールを使わないと、売れにくいです。結果、不良在庫を抱えてしまって、損切りして、損してしまいます。

有料のメリット

・成長が早い

時間をお金で買うイメージです。

1万円払って、いきなり毎月10万円稼げてしまえば、その後も成長がめちゃくちゃ早いですよね。

・モチベーションが続く

せどりは労働なので、大変なこともありますが、稼げたら楽しいですよね。

楽しかったら続けられる。

続けてれば経験値はあがってきます。

でも、最初に、全然稼げなかったら、「な~んだ、全然稼げやんわ。アホらし」ってなってしまいますよね。

また、お金を払うことで、元を取り戻すために、その分がんばります。

でも、タダだと、ちょっと苦しい事があると「まあ、タダだし辞めてもいいかぁ」ってなってしまいがちです。

有料は、言わば覚悟料ですね!

有料のデメリット

・有料です(当然ですがw)

僕の自己投資歴

では、参考までに僕がこれまでやった自己投資。現在も続けてる自己投資をご紹介します。

①読書

せどりの本を読みました。

僕が読んだ本は、ネットで調べたら分かるような事ばかり書いてて、あんまりでした。

②本せどりの教材

「プロフィットせどり2」を購入しました。

購入して良かったです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

プロフィットせどり2を購入した!レビューをリアルに書いた!

③せどりの勉強会

行って良かったです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

せどりの勉強会に行ってきた!失敗話も、たまには。

④せどりのコミュニティ

現在も継続中です。

せどりってなかなか孤独な場合が多いので、仕入れの話とかできるのは、楽しいし、刺激になりますよ。

今のトレンドというか、今これが売れてますって分かるので投資効果も高いです。

⑤新ジャンルの教材

現在も継続中です。

Amazonの規約はいつ変更するか分からないし、ずっと同じやり方が通用するとは思えません。

また、今以上に稼ぐには新しいジャンルも勉強した方がいいかな、と思って始めました。

なかなかいいですよ(*^▽^*)

今後も、自己投資をどんどんやっていきますよ。

最近売れた本

200円→2600円

医療系の雑誌は高値で売れやすいです(*^▽^*)


にほんブログ村


せどりランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です