ツイッターだけの情報発信は、リスクがあって危険!

まもる
こんにちは。まもるです。

情報発信の中でも、手軽にできるツイッター。

ツイッターって、書き込みをすればすぐにいいねや、コメントが来たりと反応があって楽しいですよね。

しかし、情報発信をするなら、ツイッターだけに頼るのは危険です。

ツイッターだけの情報発信

ツイッターは手軽に発信できる

ツイッターは、情報発信の中では、一番簡単にできます。

アカウントを作るのは無料ですぐに始められますし、noteやブログの様に長文を書くわけでもありません。

以前、【せどりの情報発信】ツイッターのメリット・デメリットでも書きましたが、ツイッターをやるメリットがとても大きいです。

しかし、ブログやnoteを書かずにツイッターだけで情報発信をするリスクについて、今日は述べたいと思います。

ツイッターの情報発信リスクと危険

ツイッターだけの情報発信はリスクがある

ツイッターっていつから使ってるんだろうと、ふと自分のアカウントを見てみると、2017年2月から始めてました。

4年も前から使ってたんですね。

最初は、情報発信をするんだ!という気持ちとかは、なくて、ただただ、せどりのツイートを見てみようかな、という気持ち程度でした。

それからブログでせどりの情報発信をしていく時に、ツイッターもどんどん活用していきました。

それで、自分の経験や、他の方のツイートを見てて思いました。

(あ、ツイッターだけの情報発信ってリスクがあるな)

ツイッターのリスクを、ざっと箇条書きにしてみました。

書いてみると、結構多いですね💦

ツイッターだけの発信リスク

①アカウントが消えるリスクがある。

②批判・誹謗中傷を受けやすい

③読者さんが見づらい

④募集ページを作りにくい

⑤発信スキルが向上しない

⑥ブログに比べて印象が軽い

⑦スマホ依存症になりがち

①アカウントが消えるリスクがある。

ツイッターは、無料でできる分、アカウントが突然削除される可能性があります。

僕自身、経験はないですが、削除されたという方もいます。

僕のアカウントは、4年かかってフォロワー3000人突破しました。
(かなり遅い方です)

それが、削除されたら、一瞬で今ままでの日々のツイートがパーになってしまいます。

ブログやnoteを作ってたらそのリスクが軽減されます。

②批判・誹謗中傷を受けやすい

ツイッターで情報発信をすると、不特定多数の方に見られる分、情報発信を毛嫌いしてる方の目にもとまります。

そうなると、当然、批判や誹謗中傷が起こりやすくなります。

③読者さんが見づらい

ツイッターでの情報発信が向かないのは、そもそもツイッターは見づらいです。

昔にさかのぼって見ようとすると、何度も、スマホの画面をスライドする必要があります。

またブログの様にカテゴリー別に分かれていないため、読みたい文章が探しにくい。

そして、ツイッターは140文字しか書けないため、書いてる内容から得られる情報もわずかです。

④募集ページを作りにくい

情報発信するには、何らかの商品を販売をするのですが、その募集ページがツイッターだけでは、作りにくいです。

長文が書けないので、伝えられる情報が限られてます。

ツイッターで告知だけやって、募集ページはしっかりと、ブログに書く方がいいですね。

⑤発信スキルが向上しない

ツイッターは、ブログに比べて短い文章しか書けないため、しっかりとした記事を書くブログや、noteに比べて文章力アップしにくいです。

⑥ブログに比べて印象が軽い

発信スキルが向上しにくいため、書いてる内容がツイッターとブログでは、ブログの方が文章がしっかりしています。

文章がしっかりしていない=印象もブログに比べて全体的に弱くなります。

⑦スマホ依存症になりがち

ツイッターでの発信は、基本スマホでする事が多いので、スマホをずっと見てしまう依存症になりやすいです。

僕の経験談ですが、ツイッターで発信して、いいねがついたかどうかとても気にしたり、他の人のツイートをずっと見てたり、時間をムダにしてしまった事がありました。

まとめ

以前、ツイッターとブログどっちがいいの?【せどりの情報発信】という記事でも書きましたが、ツイッターだけでなく両方やる方がベストです。

もし今、ツイッターの発信に時間をかけていたら、その半分でもブログやnoteを書く事に使ってみてはどうでしょうか。

ではでは(^^)/

このブログのテーマは、STORKを使っています。



STORK19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です