中古雑誌せどりのメリットとデメリット!

まもる
こんにちは。まもるです。

今日は、中古雑誌せどりのメリットとデメリットについてお話します。

中古雑誌せどりのメリット

仕入れ単価が安い

雑誌せどりのメリットは多いです。

まず仕入れ単価が安いこと。

1冊110円や200円から仕入れられます。

仕入れ資金が少ない初心者の方には、雑誌は、とてもいい商材なのです。

100冊仕入れても1万円程ですから、失敗しても損が少なく、リスクが低いです。

値下げされてる場合が多い

雑誌は、単行本に比べて、値下げされてる事が多いです。

値下げされてる雑誌ばかりリサーチしたら、大量に仕入れられたという事が、よくあります。

利益が大きい

雑誌は、低単価で仕入れられる割には、高額で売れる本が多いのが特徴です。

1冊で600円程の利益になる本もあれば、1冊で数千円の利益になる本もあります。

場所を取らない

雑誌は、セット本に比べて薄いので、かさばりません。

自宅の保管しても、かさばらないし、FBAに納品しても体積が小さいので保管料が安くすみます。

自己配送をするときも、単行本よりも薄い本が多いので、送料が安くすみます。

リピート販売できる

何度も仕入れて販売してというのを繰り返してると、お店に行った時に、「あれ?これ前も売った事あるなぁ」っていう雑誌を見かけるようになってきます。

こうなると、だいたいの相場が頭に入ってるので、仕入れ値を見て、これなら仕入れられるとリサーチしてみると、「ああ、やっぱりな」という感じで仕入れる事ができるようになります。

また店頭で何度も目にし、目にするたびにリサーチをして仕入れられない、利益が出ない本も自然と覚えてきます。

あぁ、これはダメだと分かってくるとリサーチしなくていいので速くなってきます。

中古雑誌せどりのデメリット

ダメージを受けやすい

雑誌は、単行本に比べて、薄い本が多く、外からの力に弱いです。

仕入れた本を袋に入れる時に注意しないと、ぐにゃっと折れ曲がった状態で運ぶと、自宅に帰ってきて見てみたら、折れ曲がってしまってる事が、よくあります。

ビームしにくい

雑誌は、単行本に比べてビームしにくいのもデメリットの一つです。

バーコードの位置がバラバラで、大きさも均一ではないので、ビームの速度は、単行本よりも落ちます。

まとめ

雑誌せどりは、ビームしづらいとか、折れ曲がりやすいといったデメリットもありますが、メリットがとても多い商材です。

苦手意識をもっていたら、もったいないので、ぜひチャレンジしてみてください。

ではでは(^^)/

本せどりに関するご質問などは、こちらまで。

友だち追加

ID 「 @viy9662k 」 で検索頂いても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です